タグ:音楽 ( 10 ) タグの人気記事


BAD COMMUNICATION

10月7日に放送していたNHK「B'zはなぜ売れるのか」を見た。B'zの結成20周年を記念した特別番組で、メンバー二人に密着して、曲作りやライブのリハーサルなどの様子を伝えてくれる内容だった。

番組タイトルである「B'zはなぜ売れるのか」という問いに対して、番組の制作者サイドはラストで「あたりまえのことを、愚直なまでに努力し続けた」結果だと解答した。松本が保ち続けたギターへの情熱は誰にも負けないものだとよく分かったし、稲葉が続けているストイックなまでの自己管理は、凡人には決して真似できるレベルではなかった。

松本が曲を作り稲葉が詩を乗せる、というスタイルを20年間貫いたB'z。松本は稲葉の詩を「絶対に否定しない」でいいところを引き出そうとし、稲葉もそれに応えて作詞には妥協を許さなかった。二人は、今までに何度ぶつかり合ってきたのだろう。二人で行う創作活動は、一人で行うのとはまた違った消耗を、心身ともに余儀なくされる。これを20年間続けてこれたというだけでもすごいと思う。

さらに、僕が一番すごいなと感じたのは、彼らが自分たちの信念を曲げず、いいと思うことをやり続けたこと。僕は初期の彼らの代表作『BAD COMMUNICATION』を初めて聞いた時、これはあの著名アーティストのパ○リだと直感し、それ以後も、この直感以上の感想をこの曲に抱くことはできなかった。しかし、この番組のラスト近くで放送された、ライブでの『BAD COMMUNICATION』を聞いているうちに、僕は自然とこの曲を「いい曲だな」と思うようになった。

Hey, Hey Give me your body no, no それだけでいい
本音押し殺して 夜が明けるまで
Hey, Hey 分からない Any more 君の事
意味深な言葉で核心にせまらないで


本音を隠した安易な関係を好み、でもその事に疑問と恐れを抱いている一人の主人公。この曲は、詩がメロディの疾走感をより引き立たせ、さらにメロディが詩の行間を語って膨らませるという、素晴らしい相乗効果を発揮している。先入観を捨てて素直に聞けば、この曲はとてもセクシーだ。

彼らがこの曲を、愚直なまでにライブでやり続けたことにより、この曲に否定的だった僕の心にも、彼らの信念がしっかりと伝わった。これは大変なことだと思う。「あたりまえのことを、愚直なまでに努力し続ける」事がどれほど凄い事か、改めて思い知らされた。
[PR]

by BlueInTheFace | 2008-10-11 18:39 | 音楽

ながぐっちゃん

もうすぐ梅雨が終わりそうな気配の昨今ですが、僕の頭の中には、こんな雨の曲が流れ続けています

ながぐっちゃん

作詞:もりちよこ 作曲:柴草 玲

ながぐつの ながぐっちゃん!!
きょうは お外で 遊べない
だって ぽかぽか 晴れた空
雨が 降ったら いいのにな…

ピピポ ラララ タプタラタン
ピピポ ラララ ながぐちゃん!!

たいくつな ながぐっちゃん!!
くつの クリーム いたずらで
ほっぺ ぺたぺた 塗っちゃった
ありゃりゃ まっ黒どうしよー!?

ピピポ ラララ タプタラタン
ピピポ ラララ ながぐっちゃん!!

雨ふりだ ながぐっちゃん!!
カサくん カッパちゃんも うひゃひゃのひゃ
みんな ぱちゃぱちゃ 水たまり
びしょ濡れ とっても いいきもち
まいにち 雨だと いいのにな・・・

ピピポ ラララ タプタラタン
ピピポ ラララ ながぐっちゃん!!

ピピポ ラララ タプタラタン
ピピポ ラララ ながぐっちゃん!!

ピピポ ラララ タプタラタン
ピピポ ラララ ながぐっちゃん!!

ピピポ ラララ タプタラタン
ピピポ ラララ

ながぐっちゃ~~~ん!!


NHK教育テレビ「おかあさんといっしょ」で流れていた曲。
6月の「今月のうた」だったので、7月の今はもう放映していません。残念。。。
僕はこの曲がとにかく好きで、歌詞、メロディ(作曲は、Coccoの「強く儚い者たち」で有名な柴草玲さん!)、映像の全てがツボでした。

雨が大好きな、長靴のながぐっちゃん。毎日雨だといいのにな・・・と願いつつ、ピピポ ラララ踊ってる。でも映像の最後では、虹が出てお天気になっちゃう。視聴者の子どもたちの心の琴線にキュッと触れて、魂の栄養を育んでくれる、とてもいい曲でした。

さぁ、もうすぐ真夏がやってきますね。


*この曲に興味のある方は、YouTubeで探してみてください。
著作権侵害の恐れがあるので当方ではリンクしません。
[PR]

by BlueInTheFace | 2008-07-18 05:31 | 音楽

父と子

僕が18か19の頃、母親が聴いていたこのアルバムを偶然耳にして、あまりの良さに僕は衝撃を受けた。谷村新司のアルバムはこれ一枚しか聴いた事がないが、この一枚を聴いたが為に、僕の中で谷村新司という人の存在は、今でも特別なものとなっている。

b0011238_225831.jpg『父と子』
谷村新司
1982年
保坂延彦監督映画『父と子』のイメージ・アルバム

収録曲
1. 父への遺言/2. 青年の樹/3. マイ・ボーイ/4. 陽はまた昇る/5. 去年の雪/6. それぞれの秋/7. 残照/8. 昴-すばる-


このアルバムは、表題どおり「父と(息)子」の関係に焦点をあてて創られたもの。今も僕の中に残る「父親像」の原型らしきものは、3曲目の『マイ・ボーイ』という曲を聴いて、殆ど決定付けられた。それと同時に、今までとは違った目線で自分の父親を見る、良いきっかけを与えてくれたアルバムでもある。

マイ・ボーイ
作詞・作曲/谷村新司

マイ・ボーイ
いつの日か
この手を離れて
大空に逃げて行く時は
黙ってお行き

マイ・ボーイ
さよならの言葉はいらない
心の赴くままに
駈けていけばいい

お前がこの世に生まれたあの日の空は
いつまでも瞳の中に焼き付いて消えないから

マイ・ボーイ
節くれたこの手で
お前のその頬に触れておこう
お前が気付かぬうちに

マイ・ボーイ
この胸の熱い高鳴りを
お前に伝える術は無いけれど
感じておくれ

マイ・ボーイ
この胸を力の限り
その脚で蹴って飛び上がれ
あの日のあの空へ

私はお前の為だけに生きてはいない
自分の為に生きて
そして愛する人の為に

マイ・ボーイ
傷つく事を恐れちゃいけない
辛くなった時は
この空の青さを信じればいい

私がこの世に生まれた
その日の空を
私の父もきっと忘れず
生きていたに違いない

マイ・ボーイ
いつの日かこの手を離れて
大空に逃げて行くときは
黙ってお行き

私がそうしたように
逃げてお行き


余談だが、元春の詩の一節に「光の中に逃げていくよ 君と」というのがある。この『マイ・ボーイ』もまた、「逃げる」という単語の使い方が、抜群に上手いなと思った。
[PR]

by BlueInTheFace | 2007-05-01 22:40 | 音楽

VOICE 〜cover you with love〜

元「Do As Infinity」のボーカルで、現在はソロアーティストとして、歌に舞台にと大活躍の伴都美子さん(オフィシャルサイトはこちら)の、3/28に発売されたアルバム『VOICE 〜cover you with love〜』を聴いた。彼女自らが選曲したというカバーアルバム。曲目は以下のとおり。

『VOICE 〜cover you with love〜』
1. home (川村結花)/2. 夜に傷ついて (アンルイス)/3. 彼女 (佐野元春)/4. コーヒー・ルンバ (井上陽水)/5. 優しい雨 (小泉今日子)/6. はじまりはいつも雨 (ASKA)/7. 少女 (五輪真弓)/8. 見上げてごらん夜の星を(坂本九)/9. TRUTH'94 (TRF)/10. IF (BREAD)/11. 切手のないおくりもの (財津和夫)/bonus track. 夢路 -acoustic version-


このアルバムを会社の後輩から借りたのは、3曲目の『彼女』が目当てだったのだが、ほかの曲も思いのほか良かった。そもそも会社の後輩が筋金入りの『Do As〜』のファン。しかしその後輩は、仕事の全然出来ない不器用で愚図な男だったので、僕の中での『Do As〜』のイメージはそれほど良くなかた。ところがこのアルバムを聴いて、僕の中の伴都美子に対するイメージはガラリと好転した(つられて後輩に対するイメージも好転)。

過去を静かに受け止めたうえで今を生きようという、決意溢れる物語の11曲(+1曲)。演奏はクールに、そして歌声は力強く。聴けばポジティブな自分になれる事間違いなしの、完成度の高い一枚だ。

b0011238_0445435.jpg

[PR]

by BlueInTheFace | 2007-04-22 00:55 | 音楽

浦沢直樹と佐野元春と、CCR

浦沢直樹の『20世紀少年』の22巻をようやく読んだ。浦沢氏は相変わらず仕事が巧いなと感心しつつも、僕は作中のエピソードの一つを読んで懐かしさがこみ上げてくるのを感じていた。DJ「コンチ」が小学生の頃、CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)というバンドの事をケンヂから教えてもらったという話だ。

b0011238_2225528.jpg僕も若い頃このCCRの曲にどっぷりと浸かっていた事があった。CCRの全盛期は1960年代後半〜70年代前半なので、僕が彼らの曲をリアルタイムで聞いた事はもちろん一度も無い。そんな僕がCCRを知るきっかけとなったのは、佐野元春の紹介によるもの。昔から佐野元春は、ライブ会場にて開場から開演の合間に流す音楽を自分で選んでいた。その中の一曲に、必ずCCRの超名曲『雨を見たかい』(原題『Have you ever seen the rain?』)が含まれていて、僕はそれを聞いているうちに、いつの間にかCCRの虜になってしまったのだ。(Amazonで試聴できます)

佐野元春と浦沢直樹の「ルーツ」はかなり似ていると僕は以前から思っていたのだが(過去記事「「プルートゥ」を読んで」を参照)、聴いて育った音楽についても二人の趣向はだいぶ近いような気がする。

ところで、先に紹介した『雨を見たかい』のサビ部分を日本語訳すると以下のようになる。

「俺は知りたくもない
 そんな雨を見たことがある奴のことなんて
 俺は知りたくもない
 そんな雨を見たことのある奴のことなんて
 晴れた日に降る雨のことなんて・・・」

この曲で歌われている「雨」というのは、「ナパーム弾」の事を指す。CCRのヴォーカルであるジョン・フォガティが、この曲の発売当時(1971年)に盛んだったベトナム戦争の被害者を想って創った曲であることは、我々にも容易に想像がつく。

この曲は、戦争反対という意志を明確にロジカルに表現しているのではなく、もっと感情のレベルで、我々の心のより深い部分をノックしようとしている。これと全く同じ表現方法を、浦沢氏も漫画を使って随所に用いているのは皆さんご存知の通りだ。『20世紀少年』でこの曲が採り上げられた背景には、漫画のストーリーとマッチしているという理由の他に、戦争の悲惨を嘆く強いメッセージと、物語を創作するにあたっての浦沢氏なりのこだわりが、見え隠れしているような気がしてならない。もちろんそれと同じ事が佐野元春にもあてはまっている。
[PR]

by BlueInTheFace | 2007-01-14 22:05 | 読書

今年も家でゴロゴロ

佐野元春が年末の「カウントダウンジャパン」ライブに出演するとの情報を、随分前に得ていた(もう年末が話題になる季節か・・・)。いつも家でゴロゴロしながら新年を迎えるのが恒例になっている僕は、よし今年は幕張で年越しだ!と気合を入れてみたものの、日程的に折り合いがつかず断念せざるを得なかった(とは言っても家でゴロゴロするのは変わらないw)。

カウントダウンジャパンは、元春以外にも名うてのミュージシャンが粒ぞろいだ。中でも個人的に超注目のアーティスト、中村一義率いる「100s」と、最近お気に入りの「Salyu」を、元春と一緒に拝めるまたとないチャンスだっただけに、参加できないのが残念でならない。

ちなみにSalyuは最近 Excite Music でブログを始めている。ブログ内にてPV視聴も出来るので、興味のある人は是非聴いてみて欲しい。小林武史ワールド全開のサウンドはなんだか久々のような気がして逆に新鮮だ。

[PR]

by BlueInTheFace | 2006-10-14 02:52 | 音楽

Every Single Day

今夏発売されたBONNIE PINKのベストアルバム『Every Single Day-Complete BONNIE PINK(1995-2006)-』。最近僕が最も頻繁に聴いているCDだ。(BONNIE PINKのオフィシャルHPはこちら

記憶では、僕が彼女の存在を知ったのは確か1997年の頃。おそらく佐野元春つながりだったと思う。初期のアルバム『Heaven's Kitchen』は当時、僕が最もよく聴いていたアルバムの一つだった。その後しばらく彼女の音楽とはご無沙汰していたが、2000年に発売された、佐野元春のコンピレーション・アルバム『GRASS』にて、久々に彼女の歌声を発見。二人がデュエットした『石と卵』は、オリジナル曲の魅力とはまた違った側面を打ち出してくれている(かつて矢野顕子が『SOMEDAY』の隠れた魅力を引き出してくれた時と同じように)。

ところでこちらのサイトでは、元春とBONNIE PINKがデュエットした『石と卵』をフルバージョンで聴くことが出来る。当然歌詞も全文掲載されているのだが、このサイトは全て韓国語であるため、元春ファン及びBONNIE PINKファンは、韓国語に翻訳された歌詞を見ることができるというマニア的喜びを得ることができる。


さて、そんなこんなで手にした彼女のベスト盤。最近彼女の音楽からご無沙汰していた僕にとって、待ちに待っていたアルバムだ。強さと脆さが同居した彼女の表現の魅力はそのままに、近年の彼女の曲は、その脆さ自体を楽しむ余裕があるように思える。彼女の生の歌声が聴きたい。久々に、元春以外のライブに足を運んでみようか・・・。

[PR]

by BlueInTheFace | 2006-09-09 10:33 | 音楽

今夜はブギーバック

竹中直人&ワタナベイビーがカヴァー・シングル“今夜はブギーバック”発表

竹中直人とワタナベイビーがコラボしたカヴァー・シングル“今夜はブギーバック”が7月5日にリリースされる。本作は、重鎮アートディレクターとしてお馴染みである信藤三雄の長編映画初監督作品「男はソレを我慢できない」のテーマ曲。・・・(記事より引用)


ワタナベイビーは僕が大好きなミュージシャンの一人。今は解散してしまった「ホフ・ディラン」では、テンフィンガー・ユウヒと名コンビを組んで活躍。初めて聴いたホフディランの『スマイル』(「こち亀」の第一期エンディングテーマ曲)はあまりにも名曲だ。僕は滅多にカラオケに行くことはないが、行けば必ず『スマイル』は歌わせてもらっている。

♪すぐスマイルするべきだ 子どもじゃないならね♪

『今夜はブギーバック』は、基本的にラップ部分を竹中直人、サビをワタナベイビーが歌っている。どちらかというと原曲を忠実に再現した感じのアレンジ。僕としては、ワタナベイビー色に染めきったアレンジを期待していたのだが・・・。しかしこの名曲のカバーによって、ワタナベイビーの知名度が少しでも上がってくれれば僕は何もいうことはない。しかし、ワタナベイビーの粘着質の強いヴォーカルに、嫌悪感を覚える人が増えてしまう可能性もまた否定できない。

※YouTubeで『今夜はブギーバック』の動画を見つけました。
しかしYouTubeの動画って・・・紹介してもいいものなのか?
[PR]

by BlueInTheFace | 2006-08-04 12:44 | 音楽

明らかにされた“佐野語”

2005年6月に発売された『ロック画報(20)』の佐野元春特集号の誌面で、元春がキャリアの初期から活動を共にしていた“先輩”西本明が、インタビューで次のように語っていた。

聞き手:西本さんはその後(ザ・ハートランド解散後)の、ホーボー・キング・バンドでの活動にも参加されていますね。

先輩:最初の頃、僕は彼らに“佐野語”を翻訳する係なのかなと思ってたんですけどね(笑)彼がバンドとコミュニケートできるまでの仲介役っていうか。・・・

当時このインタビューを読んだ僕は、“佐野語”とは一体どんなものなのか、気になって仕方がなかった。その“佐野語”の正体の一端が、先日7月30日のTOKYO F.M.「SUZUKI Talking F.M.」にて遂に明らかにされた。

番組は、福山雅治が自分の知っている“佐野語”の真意を元春に問い正す形で進行した。そのやりとり自体がものすごく面白かったわけだが、ここでは、明らかにされた二つの“佐野語”を紹介するだけに留めたい(長くなるからね)。


リバービー
意味:演奏に、より深くエコー(リバーブ)をかける事。
用法:「そこ、もうちょっとリバービーに」


ニールヤンギッシュ
意味:ニールヤングっぽい感じ
用法:「佐橋君、今のフレーズ、もうちょっとニールヤンギッシュに!」

※ただし、あまりにニールヤンギッシュな演奏をしてしまうと、元春から「佐橋君、今のね、too much ニール(ニールヤング過ぎる)」と言われてしまうので注意が必要だ。


元春は最初、ニールヤンギッシュなんて言った記憶はない、佐橋君の話には尾ひれが付いている、などと言っていた。しかし、佐橋君と交流がありその当時の状況を詳しく知っていた福山雅治に、当時の状況をリアルに再現されると、元春は「あながち間違いではない」と自らの発言を認めた。ちなみに、今では福山雅治もレコーディングの現場でこれらの“佐野語”を使用してるという。
[PR]

by BlueInTheFace | 2006-08-02 10:50 | 音楽

鹿野氏と元春の対談

7月23日放送のTOKYO FM「discord」という番組内にて、鹿野淳氏と佐野元春の対談が行われたのだが、その模様が早速Web上にてテキストで公開された(情報提供のdaisymoonさん、サンクスです)。長文だが、佐野ファンにとっては内容のびっしり詰まった対談となっているので、興味のある人は是非読んで欲しい(対談はこちら!)。

「『みんなはどう感じているんだろう?』と、その時代に生きてる僕以外の人達の視点、あるいは彼らの見方・感じ方を想像して書いたほうが客観的な曲になるんじゃないかといつも思ってるんですね。だから言ってみれば、映画監督の視点と同じじゃないかと思います。」

「聴いてくれたリスナーがその歌を自分のものにしてくれて、そしてまた他の人にその歌を聴いた経験を伝えて行けるような、そういう懐の深い詞を書いてみたい。」

「凄く過剰なものに対して、僕はいつも疑いの目を向けてしまうクセがあるんですね。どんなことに対しても、過剰なものに対する疑いがある。」


対談からほんの少し引用した部分を読むだけでも、元春がとてもロマンチストで、その一方で、優れたバランス感覚を持ち合わせている事がよく分かる。

番組の内容及び鹿野氏のプロフィールについては、「discord」Official site を参照。ちなみにこのオフィシャルサイトのトップページからは、鹿野淳氏と元フライング・キッズ浜崎貴司氏の対談ページへもジャンプできる。この対談は「nakata.net cafe」内特設ブースにて行われ、6月4日にOAされたもの。ロックとサッカーについて熱く語る二人の様子が、文章からもひしひしと伝わってくる内容だ。


※7月30日(日)午後4時より、TOKYO FM 福山雅治の「SUZUKI Talking FM」に元春が登場とのこと。これは聞き逃せない・・・!
[PR]

by BlueInTheFace | 2006-07-26 04:40 | 音楽