タグ:エンジョイ ( 5 ) タグの人気記事


東京散策

月曜日、僕は義理の母と嫁さんを部屋に残し、義理の姉を連れて二人で東京散策に出かけてきた。正確に表現すると、僕は姉に連れられて歩いた、ただの道案内人であったわけだが。散策の最終的な目的は、東京土産を買う事。しかしせっかく東京まで来たのだからというわけで、朝10時半に車で家を出発し、「表参道」→「原宿」→「銀座」→「秋葉原」→「帰宅19:30」という、はとバス顔負けの濃密スケジュールを敢行したのであった。

b0011238_10353340.jpg表参道ヒルズを見学し、明治神宮近くの店でランチをとり、クレープ(!)を食べながら竹下通りを歩く。義姉はここで、中学生の娘の為に「ダチブレス」という革の腕輪(右の写真)と、亀梨和也くんの下敷きを購入(義姉自身が亀梨くんのファンでもある)。その後、ラフォーレの中を練り歩き、原宿を後にして銀座へ。銀座は三越の地下一階に足を運び、「鎌倉半月」で大量にお土産を購入。さすがに二人とも疲れてきたので、三越の7Fにあるカフェで茶でもしようと思ったのだが、7Fにはバーゲンの特設会場があり、義姉は「ミツくんちょっと待ってて」と目を輝かせて雑踏の中に消えていったのであった。結局何も買わなかったものの、すっかり満足した様子の義姉。そしてすっかり疲れ果ててしまった僕。最後は秋葉原まで車を走らせ、ややマニア向けの書店に入り、息子から頼まれた漫画の単行本を購入して、家路に着いた。

女性のパワーというものに底知れない畏怖の念を覚えつつも、色々話ができて、道中はとても楽しいものであった。そして家に着き夕食を済ませるや否や、僕は即ダウンしたのだった(笑) ところで、原宿を歩いた時にちょっと驚いた事があって、それについては次回のエントリーで紹介したい。それにしても、久々に行った原宿で思ったのは、年齢層の低い街だなという事。ていうか平日の真っ昼間なのにものすごい人の数だよ・・・。

[PR]

海に行く

会社の人と九十九里の海に行ってきた。今年最初で最後の海。

到着は朝の9時半頃だったが、空は厚い雲に覆われ、時折雨がパラついていた。しかし、時間の経過と共に太陽が徐々に顔を出し始め、案の定酷暑に。顔には薄く日焼け止めを塗っていたものの、足には日焼け止めを塗ってなかったので、気がつくと僕の太腿は焼けて真っ赤になってしまった(>д<)

b0011238_22142081.jpg
     夏を満喫する若者たち


ちなみにどうでもいいコダワリだが、僕が海に行く時は、膝上まで隠れるタイプのゆったりした海パンではなく、わりとピッチリしたタイプの海パンを穿く。写真の黒い海パンを穿いた男性のような感じ。せっかく海に来たんだから、肌を太陽の元に晒さないなんて勿体無い!というのがその理由だ。本当ならライフセイバーの兄ちゃんのようなビキニを穿いて浜を走り回りたいところだ(しかしさすがにそれは出来ない)。

別に世の中の男性が丈の長い海パンを穿こうがどうしようが、僕の知ったところではない。皆が好きな海パンを穿けばそれでいい。この些細なコダワリを、世の中の全ての女性が見習って貰えれば、それでいいと思っている。

海の家の焼きはまぐりが3,800円だったので、諦めてラーメンを食べたのだが、以外と美味しかった。海の家で何気なく注文した食べ物が美味しかった時、それは「小確幸」だ。さて、これで僕の夏のお楽しみイベントは全て終了。9月以降に始まる会社の繁忙期に向けて、これから徐々にテンションを上げていくとするか。
[PR]

八重洲に集合

昨日は、東京駅を出て八重洲北口通りを少し歩いたところにある「讃岐茶屋」という居酒屋で、昔の職場の同僚と飲み会だった。「讃岐茶屋」は、基本的にはうどんがメインの、「庄や」系列の居酒屋チェーン店。つまみは、刺し盛りや焼鳥などどれも美味しく、酒やサワーや焼酎の種類も豊富で、〆に食べた生醤油のうどんは最高だった。

※「株式会社大庄」のHPを調べてみたら、「讃岐茶屋」は東京に3件しか有りませんでした(詳細)。日曜日の東京駅周辺は、大抵の店がノレンを下げていて閑散としているので、いい店が見つからない時は「讃岐茶屋」を是非探してみて欲しい。


昨日の飲み会は、先週の土曜日に一緒に花火を見たメンバーが再度集まったものだった。花火を途中で抜け出して仕事に向かわなければならなかった僕や、都合により来られなかった幾人かの為に、この日「リベンジ大会」と称して飲み会を企画してもらったのだが、実は皆、何かにかこつけてただ飲みたいだけだった。集合した9人のメンバーは、乾杯のビールを即座に空けた後、焼酎や酒を浴びるように飲み始めた。僕はアルコールに弱く、酒を飲むと一気に酔いが回ってしまうので、焼酎の水割りを4杯ほど頂き、酒は自重した。

飲み会の企画主であるH女史の妹の同僚だという女性が、会社を離れてからもずーっと交流がある僕ら仲間のことを、大変うらやましがっていた。妹の同僚さん、あなたも今夜から、立派な仲間の一員ですよ。僕らは今でこそバラバラの職場環境だが、会社の一番苦しかった時期を共にしたことで育まれた仲間意識はことさら強い。励まし合える同じ職種の仲間がいる事に幸福を噛みしめつつ、僕らは千鳥足で夜の八重洲を後にした。くそ暑い真夏の太陽がじりじりと降り注ぐ日中とはうって変わって、涼しい風が漂う夜の街はたいそう心地よかった。

[PR]

7年振りの再会

石川県に住む僕の古くからの友人(仮名:ビアンコ)が、彼女(リカさん)を連れて東京に遊びに来た。彼らは、金曜日の深夜に車で石川県を出発し、一般道を通りながら、野を越え山を越え夜通しかけて東京に辿り着いた。

昨日の夕方、僕はそのビアンコと秋葉原で待ち合わせ、中華のお店で夕食を共にした。7年ぶりの再会を果たした僕らは、身体的な“成長”を互いに認め合いながらも、僕はビアンコが、実は昔と全く変わっていないことに安心感を覚えたのだった。そして、あれからもう7年も経ってしまったのかと、月日の流れの早さ自体に驚いた。

リカさんは、ビアンコの考えることは何でもお見通しで、そしてそれを全部ひっくるめて受け入れている感じだった。ビアンコは、リカさんの考えていることなら何でもお見通し、という訳ではなさそうだったが、しかしリカさんを大きな愛情で包んでいた。ナイスカップル。いつまでも仲良くね。

今度は、僕も奥さんを連れて石川を訪ねよう。奥さんの実家がある山口まで行くことを考えたら、石川は近い。ただし一般道はご勘弁(笑)。日本海を走り回り、日本海を食べ尽くすぞ~!

[PR]

毎年恒例

隅田川の花火大会♪

外は蒸し暑いけど、ときどき吹いてくるそよ風が火照った体に心地よい。
しかし、束の間楽しんだ日本の夏はあっという間に終わり。僕はこれから仕事です〜ヾ(T.T)

b0011238_22185356.jpg

[PR]