育児カウンセリング(後編)

先日、遠方の友人より連絡が入り、僕のブログを見て心配していたと言う。僕が忙しさにかまけて記事の続きを書かなかったばかりに、余計な心配をかけてしまった。ブログ仲間の皆さんにも心配をかけてしまっているとしたらごめんなさい。私たちは元気です。

以下、前編の続きです。





別室のカウンセリングルームは20畳ほどの広さだった。中央にシートが敷かれていて、そこでカウンセラーとママさんが座って面談できるようになっている。音楽が流れてないその部屋はとても静かで、子どもが遊ぶ物音だけが響き渡っている。僕が入室した時、既にカウンセラーと妻の面談は始まっていた。僕は近くに腰を下ろし、おもちゃで遊ぶ子どもたちの相手をしながら、それとなく面談の様子に耳を傾けた。

ところが、しばらく様子を窺っていても、カウンセラーと妻の会話は一向に弾む気配がない。カウンセラーが、探りを入れながら色々な育児話を妻から引き出そうとするのだが、妻は「えぇ、まぁ・・・」とか曖昧な返事に終始。その時僕はこう思った。

「さては、ここにいる僕が邪魔で、僕への不満を口に出来ないのではないか・・・」

この場に僕がいない方がカウンセリングは弾むのかもしれないと思った。しかし遊んでいる子どもたちから目を離す訳にはいかない。僕はその場に居続け、結局妻がカウンセラーと話をしたのは、育児にかんするちょっとした世間話にすぎなかった。そして帰りの道中、妻はこんな不満を口に出した。

「カウンセリングに連れて行かれたおかげで、買い物に行く時間がない!」

聞くと、妻は保育士さんに対して「育児の悩みは特にありません」と告げたのだが、保育士さんが「でも双子だと色々大変でしょう」と気を使って、カウンセリングを半ば強引に勧めたのだという。仕方なくカウンセリングを受けたものの、特に相談する事も思い浮かばず、いたずらに時間だけが経過し、買い物の事ばかり気にしていたのだそうだ。

ママさん仲間の中にも、強引にカウンセリングを受けさせられた人は、何人かいるようだ。たぶん保育士さんもその事は重々承知の上でカウンセリングを受けさせているのだろう。強引にカウンセリングを受けさせる事で、救われている人も少なからずいるはず。そういう信念を持って仕事に励んでいるにも関わらず、時に迷惑がられてしまう保育士やカウンセラーの仕事というのは、大変なのだなぁ。僕らは今、たまたま深刻な悩みが無いだけで、いつカウンセラーの存在が必要となってもおかしくないのだから、こういう仕事に従事している人に対して感謝の心を持たなくてはいけないとしみじみ思った。




というわけで現在の僕たちは、幸いにして深刻な悩みはありません。元気にやっています。買い物にもちゃんと行けています(笑)ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
[PR]

「Back To The Street」展で遊んできました

休日の今日は、昼から子どもたちを連れてちょっと遠出。家から車で一時間かけて、横浜に行ってきました。

横浜の山下公園で、豊と稔は、鳩さんやカモメさんたちと一緒にたくさん走り回りました。子どもたちにとっては、海からの冷たい風なんてどこ吹く風。放っておくとどこまでも走って行ってしまうので大人は目が離せません。おまいら、初めて見た海はどうだったかい?

山下公園でさんざん遊んだ後、すぐ近くのインペリアルギャラリーで行われているayuさんの写真展に行ってきました。人情味溢れる街の風景たちが、ayuさん独自の観点で切りとられ、展示されていました。daisymoonさんとhappyちゃんにも会えて、とても嬉しかったです。happyちゃんが、僕の想像よりも大人っぽい雰囲気だったのでビックリしました!

写真展には行かず車で待機していた子どもたちも、最後はちょっとだけギャラリーで遊びました。元春ファンにとっての“聖地”を訪れた記念に、皆で写真撮影。初対面なのに写真撮影を快く引き受けてくださったayuさん、ありがとうございました。

b0011238_151105.jpg



「Back to the street」 / ayu写真展
2009年1月24日(土)、25日(日) 11:00-19:00 入場無料
インペリアルギャラリー(神奈川県横浜市中区山下町25)
みなとみらい線日本大通り5分/元町・中華街(中華街側の出口より)5分
[PR]

お勉強

去年の暮れから、思うところあってXMLについての勉強をしています。
XMLとは、まぁ、HTMLの親戚みたいなものです。

XML文書を作ること自体は、それほど難しい作業ではありません。
作成したXML文書を活用する方法、これが、ものすごく難しいのです。
多少なりともプログラミングの知識が必要となってきます。
HTMLすら満足に知らない僕にとっては、相当に高いハードルです。
でも、焦らず地道に勉強を続けて行こうと思っています。

HTMLが分かるようになったら、このブログもちょこちょこいじってみようかしら。。。

久々に集中して何かを勉強してるけど、とても楽しいです。
学生時代はこんなこと思いもしなかった(笑)

[PR]

あけてました( 大吉)

あけてましたおめでとうございます(汗)


なんだかあっと言う間に2008年が終わってしまいました!

昨年を自分なりに一言で総括するなら、「あっと言う間」以外には思い浮かびません。

今年はまだ初詣に行ってません。多分今年は行く時間がありません。行けば「大吉」をひくのは間違いないのですけど。


大吉という事にしといてください。


もう正月やすみは終わりです。みなさん、明日から顔を洗ってその寝ぼけまなこをシャキッとさせて頑張ってください(気合いだーっ!)

[PR]

育児カウンセリング(前編)

先日、区の保健所でこどもたちの歯科検診を受けに行った。前回の歯科検診では二人が大泣きして、しかもまだ一人で歩けない頃だったので、妻はかなり大変な思いをしたらしい。そこで今回は、僕も会社を休んで保健所に付き添う事にした。

保健所では、僕と妻が子どもたちを一人ずつ抱えて行動した(この日は30組くらいの親子が来場していたが、父親同伴はうちだけだった)。同い年のよその子たちの大半は、ちゃんとママの言う事を聞いておとなしくしていたのに、うちのガキどもときたらすぐに保健所内を走り回ろうとする。しかも、大人子どもの別なく誰かれ構わず一緒に遊びたがる。この二人を妻一人で制するのはかなりの重労働だろうと想像すると、僕は一緒に来た甲斐があったなと思うのだった。

検診の流れは、虫歯の知識に関するスライドを見学、別室で歯科医師による歯の検診、そして最後が子どもの健康や暮らしに関する質問形式の調査だった。子どもたちの検査結果には何の問題も見られなかったので、僕は一安心していた。ところが・・・

質問形式の調査の最後に、質問者の保育士さんが「育児の事で困っている事や悩み事はありませんか」と聞くので、僕は「ありません」ときっぱり言いきった。そして席を立とうとしたら、保育士さんがこう続けるのだった。

「奥さまが、双子を一人で相手するのにストレスを感じているようなので、別室でカウンセリングを受けています・・・」

見ると、少し離れた場所でアンケートに答えていたはずの、妻と息子の姿がそこに無い。僕は驚いた。そりゃ一人で二人を相手にしてたらストレスも溜るはずだが、まさかカウンセリングを受けるほどとは!僕は妻の苦労に対する自分の認識の甘さを反省しつつ、いそいそと別室へ向かった。

(続く)

[PR]

父とサッカー観戦

今日は僕と父の二人で味の素スタジアムに行き、FC東京vs新潟の試合を観戦してきました。70歳を超える父は熱狂的なFC東京のサポーター。しかし今まで一度もFC東京のサッカーを生観戦した事がありませんでした。今日は父のその願いがようやく叶えられた、記念すべき日です。

父は7年ほど前に小脳梗塞で倒れ、すぐに回復したものの、それ以来常に薬を手放せない身。当初母親は、父がそんなにサッカーを見に行きたいなら私が付き添うと考えていました。しかし母はサッカーの事などまるで分かりません。そこで僕が母の代わりに、案内役兼付き添い役として父に同行する事となったのです。

スタジアムで購入したFC東京のマフラーを父と僕とで掲げ、試合開始前の「You'll Never Walk Alone」を、うろ覚えながらも一緒に歌いました。試合中、時折横目で見る隣の父は、少年のように瞳を輝かせて試合の行方を目で追っていました。「(新潟の)矢野貴章 はちょっと孤立してるな」とか通な解説を僕に聞かせてくれもしました。いつの間にそんなサッカーに詳しくなったんだ、親父・・・!父が好きな事に夢中になれるというのは、息子の僕にとっても素直に嬉しい事です。

試合は、内容的には決して良くなかったFC東京が、運も味方してなんとか1-0の勝利を収めました。もちろん父は大喜び。今日はFC東京のサポである僕も、父と喜びを分かち合いました。帰りの道中、僕ら親子は新宿で途中下車して食事に。父と二人での外食なんて、いったい何年ぶりでしょう。機嫌が良いのか父はいつにも増して饒舌で、サッカーの事や仕事の事、色々と僕に話してくれました。そして食後、父はバッグからいつもの薬を取り出しながら、こうつぶやきました。

「あの時、もし寝たきりになっていたら、今日の試合見れなかったなぁ」

その後父とは新宿駅で別れました。「来年も一緒に行こう」僕はそう言って、去り行く父の背中を見送りました。

[PR]

# by BlueInTheFace | 2008-12-01 01:06 | サッカー

『温泉へGo !』最終回を見て

先週の金曜日に最終回を迎えたTBSの昼の連続ドラマ『温泉へGo!』(番組公式サイト)、すごく良かったです。この『温泉〜』シリーズ、僕は第3シリーズあたりから見始め、今回の『温泉へGo!』はシリーズ6作目。僕は、今まで見た『温泉〜』シリーズの中で、今回のが一番面白かったと思いました。

この番組の視聴者は大半が主婦だと思うので、僕とは見方が違うかもしれないけど、僕にとってツボだったのは、岡田浩暉が演じる村上修成でした。彼のあの笑顔に、僕は何度も泣かされましたよ! 他のキャストも総じて良かったです。亡くなった奈津枝さん役の池内淳子、千尋さん役の黒田福美、ともにベテランの味を存分に発揮した素晴らしい演技でした。瀬戸カトリーヌ(さつきさん)、森脇英理子(みなみちゃん)、佐藤佑介(大樹くん)、皆すごく良かったと思います。

最終回で大樹くんが千尋さんに改めてプロポーズしたシーン。あれは感動しました。歳の差を超えて結ばれた二人。美しいシーンでしたね。

そして主役の加藤貴子。彼女の演技はやはり上手い。というか旅館の女将があまりにもハマり役だと、改めて感じました。彼女の存在無くして『温泉〜』シリーズの高視聴率はあり得ませんね。

また次のシリーズもやって欲しいです。というか、あの終わり方は確実に次もやるでしょう。期待しています。

[PR]

# by BlueInTheFace | 2008-11-24 17:47 | 映画・TVなど

最後の大会

うちのチームが毎年目標にしている秋の草サッカー大会。今年は11月22日〜23日の日程で参加してきました。カテゴリーは「オープン」で、出場チーム数は「7」。個人的には、この大会をもって草サッカー活動に一応の終止符をうつ節目の大会。気合いが入らないはずがありません。

なんとかいい結果を残したいと、僕は懸命に走りました。懸命に声を出し続けました。チームの誰一人として手を抜いた者はありません。それでも、結果はついてきませんでした。うちのチームは一勝も挙げることができず、最終成績は6位。個人の出来としても、出来た部分よりは出来なかった部分の方が多かったと思います。

最後の試合が終わってベンチの皆に一礼したその時、悔しさや自分自身に対する情けなさや、その他色々な想いが一気にこみ上げてきて、僕は不覚にも泣いてしまいました。でも泣いたらすっきりしました。後は笑って、皆で健闘をたたえ合いました。

有終の美を飾ることはできなかったけど、それでも良しとします。今はただ、この素晴らしいチームに出会えた事の幸運を噛みしめています。そして影に日向にサポートしてくてくれた、全ての人に感謝しています。また数年後・・・このチームに復活する事を目指し、せめてランニングくらいは欠かさず続けてゆきたいです(できるかな)。

[PR]

悔いが残らないように

一昨日の日曜日は、小雨の降る中、等々力緑地で草サッカーの練習試合が行われました。最近は不慣れなセンターバックを任される事が多かったのですが、この日は久々に本職のサイドバックだったので、楽しんで試合をする事ができました。

毎年、チームで一番の目標としている秋の大会が、今月の下旬に迫っています。今年は僕も、その大会にフル参戦する事を決めました。久々の大会なので少し緊張しますが、どれだけやれるか楽しみでもあります。子どもが生まれてからはあまり練習に参加できず、準備不足の感は否めませんが、せめて体調管理だけでもしっかりやって大会に望みたいです。

そして、僕はこの大会をもって、このチームにおける草サッカーの活動に一つの区切りをつけようと思っています。来年以降、基本的にチームの活動には参加しません。今は子どもとの時間をもっと大切にしたいですし、何より、自分と家族の将来について、もっとよく考えたいからです。

サッカーというチームスポーツを通して得た経験と教訓は、僕の人生にとってかけがえないもの。これからもずっと、生涯スポーツとしてサッカーに関わっていたいです。なので活動は休止しても退団はしません。いずれまたチームに復帰したいと強く思っています。

いいパフォーマンスが出せるように、そしてチームが優勝できるように、大会では気持を込めてプレーする事を(ファンに)約束します。


※来年以降も引き続き、フットサルには時々参戦して、ストレス解消といきたいです(^-^)v

[PR]

サーバーがダウンして・・・

先週の火曜日、会社のサーバーが故障してアクセスできなくなった。会社にあるデータの大半がそのサーバーに保存してあり、しかも自動バックアップが適切に作動していなかったのだ。会社にとって絶対に起こってはならない事態が突如起こってしまった。その日以降の大パニックは、思い出すのもオゾマしいくらい壮絶を極めた。

何とか綱渡り的に業務をこなす日々。僕も、かろうじて家には帰れたもののほとんど会社に缶詰状態。まだサーバ−は完全に復旧していない。一応データは復旧できる見込みだけれども、実際どうなるかは全く予断を許さない。今週も、しばらくは綱渡りの日々が続くだろう。。。(アーメン)

[PR]