<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


誕生日

b0011238_2055528.jpg

昨日の日曜日は、子どもたちの1歳半の誕生日。お祝いに、大きな滑り台のある公園に遊びに行った。たくさん遊んで、たくさん笑って、子どもたちのお祝いだったのに元気を分けてもらったのは僕の方だった。ありがとう。

そして今日は僕の誕生日。ハッピーバースデートゥーミー♪今年僕は年男なので、今日の誕生日をもって、人生を3周り生きてしまった事になる。イヤッホー!(と意味もなく雄叫びをあげてみる)

本当は、仕事で大きなミスをやらかし、少し気落ちしているミツではありますが、これからも、今まで通りくよくよ悩まずにやっていきたいと思っております、はい。
[PR]

元春と織田裕二

仕事に“こだわり”を持ち続けるBIGな男二人の、見事なコラボレーションでしたね。

昨日の『ぼくらの音楽』。メインゲストの織田裕二が、コラボ相手に憧れのアーティストである佐野元春を呼び、若い頃何度も励まされたという『SOMEDAY』 を、二人で熱唱しました。

織田裕二をさすがだなと思ったのは、昨日の『SOMEDAY』が、織田裕二の『SOMEDAY』になってた事。その織田裕二と真摯に向かい合って歌う元春からは、慕ってくれる後輩アーティストへの“真心”が伝わって来ました。

二人とも、半端じゃないオーラを持ってましたよ。

[PR]

by BlueInTheFace | 2008-10-18 08:36 | 音楽

BAD COMMUNICATION

10月7日に放送していたNHK「B'zはなぜ売れるのか」を見た。B'zの結成20周年を記念した特別番組で、メンバー二人に密着して、曲作りやライブのリハーサルなどの様子を伝えてくれる内容だった。

番組タイトルである「B'zはなぜ売れるのか」という問いに対して、番組の制作者サイドはラストで「あたりまえのことを、愚直なまでに努力し続けた」結果だと解答した。松本が保ち続けたギターへの情熱は誰にも負けないものだとよく分かったし、稲葉が続けているストイックなまでの自己管理は、凡人には決して真似できるレベルではなかった。

松本が曲を作り稲葉が詩を乗せる、というスタイルを20年間貫いたB'z。松本は稲葉の詩を「絶対に否定しない」でいいところを引き出そうとし、稲葉もそれに応えて作詞には妥協を許さなかった。二人は、今までに何度ぶつかり合ってきたのだろう。二人で行う創作活動は、一人で行うのとはまた違った消耗を、心身ともに余儀なくされる。これを20年間続けてこれたというだけでもすごいと思う。

さらに、僕が一番すごいなと感じたのは、彼らが自分たちの信念を曲げず、いいと思うことをやり続けたこと。僕は初期の彼らの代表作『BAD COMMUNICATION』を初めて聞いた時、これはあの著名アーティストのパ○リだと直感し、それ以後も、この直感以上の感想をこの曲に抱くことはできなかった。しかし、この番組のラスト近くで放送された、ライブでの『BAD COMMUNICATION』を聞いているうちに、僕は自然とこの曲を「いい曲だな」と思うようになった。

Hey, Hey Give me your body no, no それだけでいい
本音押し殺して 夜が明けるまで
Hey, Hey 分からない Any more 君の事
意味深な言葉で核心にせまらないで


本音を隠した安易な関係を好み、でもその事に疑問と恐れを抱いている一人の主人公。この曲は、詩がメロディの疾走感をより引き立たせ、さらにメロディが詩の行間を語って膨らませるという、素晴らしい相乗効果を発揮している。先入観を捨てて素直に聞けば、この曲はとてもセクシーだ。

彼らがこの曲を、愚直なまでにライブでやり続けたことにより、この曲に否定的だった僕の心にも、彼らの信念がしっかりと伝わった。これは大変なことだと思う。「あたりまえのことを、愚直なまでに努力し続ける」事がどれほど凄い事か、改めて思い知らされた。
[PR]

by BlueInTheFace | 2008-10-11 18:39 | 音楽

帰ります

最近、仕事が激しく忙しい。帰宅はいつも午前様・・・。でも今日は久々に、子どもたちが寝つく前に帰れそう。

今週は始めから、せめて木曜日くらいは早く帰りたいなぁと思っていた。理由はもちろんサッカーのキリンカップ。僕は月曜日の朝から、同僚や上司にさりげなくアピール(根回し)を続け、嫌な仕事も率先して(最高の笑顔で)引き受けてきた。地道な努力が実り、今日は僕が一番早く帰る事になった。皆まだまだ帰れそうもないのに、僕が帰ろうとすると「早く帰ってサッカー見なよ」と優しい言葉をかけてくれる同僚もいた。ありがとう、ではお言葉に甘えて。

[PR]

味覚

フットサルの知り合いの一人から、すごく美味しいラーメン屋があるという情報をもらった。当人曰く、個人的には日本一美味しいらしい。

もう一人の草サッカーの知り合いからは、「くそ不味い」のに何故か人気があるラーメン店の情報をもらった。当人曰く、不味すぎて何故人気なのか見当もつかないらしい。

僕としては、前者よりも後者の方にただならぬ興味を抱いている。

しかし先週から仕事が激しく忙しいので、いつになったら食べにいけるかは分からない。多分行かないだろな。ていうか、貴重な時間を削ってまで不味いラーメンを食べに行くほど僕は暇人じゃない。それでもやっぱり行ってみたいな・・・とも思う。なぜなら(ここだけの話ですが)僕は、不味いと断言する彼の味覚を、普段からあまり信用していないのだから。

[PR]