<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


怒りをぶつけてしまった

昨日の午前1時。夜勤の僕はその時会社にいて、何とはなしにフロアの窓から外を眺めていた。すると、道の向こうから一人の若い男がこちらに歩いて来て、会社の玄関前で立ち止まるのが見えた。何奴だと思ってしばらく見ていたら、彼はなんと、その場でおもむろに立ち小便を始めた。

僕は急いで会社の階段を駆け降り、玄関のガラスドアを開け、すぐ目の前にいるその若僧に向かって「てめぇはここで何やってんだぁ!」と怒鳴った。かなり驚いた様子の若者は、急いで立ち小便を止め、「すみません、本当にすみません」と何度も頭を下げ、逃げるようにその場を立ち去って行った。

何とも釈然としない気持のまま僕は自分のフロアに戻った。すると丁度その時、中くらいの大きさの茶色いゴキブリが、フロアの真ん中の通路をテクテクと歩いているのを発見した。僕は丸めた新聞を手に取ってそのゴキブリに近付き、「うりゃあ!」とゴキブリに一撃を食らわせた。ゴキブリは、仰向けにひっくり返って完全に息絶えた。

しかし僕は、仰向けになったまま動かないゴキブリをしばらく見ているうちに、何だか気の毒な気分になってしまった。よく見ればカワイイ奴じゃないか、とすら思えてきた。「お前は、何も悪くなんかない・・・」僕は、若造に対する怒りをゴキちゃんにぶつけてしまった自分に不甲斐なさを感じ、同時に申し訳ない気持ちでいっぱいになったんだ。僕はA4のコピー用紙を取り出し、ゴキちゃんの死骸をそっとすくい上げた。そしてその紙でゴキちゃんを優しく包み込み、ゴミ箱へと丁重に葬った。仕事に集中しよう、僕は自分にそう言い聞かせてデスクに戻った。

[PR]

なでしこに祈り続けました

サッカー女子W杯の予選グループ、なでしこジャパンの世界への挑戦を、僕は三戦ともTVの前で応援してました。結果は勝ち点4のグループ3位で予選敗退。

実際に試合しているのを目の当たりにして「やっぱりドイツは堅い、早い、強い。こんなやつらに勝てっこないよ・・・」と冷静に戦況を見つめる自分がいる一方で、それでも懸命に走ってファイトするなでしこたちを、祈るように応援する自分がいました。彼女たちの必死な姿を見て、祈らない日本人なんていない、そう思いました。本当に本当に悔しい敗戦です。

解説の川上さんは、ドイツを相手に勇敢に戦うなでしこのイレブンを見て、この戦いを初戦から出来ていれば・・・と課題を口にしました。それは確かにその通りなんだけど、でもそれが出来ないのが国際試合の厳しさなんだと、僕はつい反論したくなりました。グループリーグの最終戦がドイツ相手ということで、日本チームは大会前から、かなりナーバスになっていたと想像がつきます。何も計算せず、グループリーグの一戦一戦に全力を出す事ができれば、結果は違ったのかもしれないけど、そういうわけにはいかないのです。ドイツW杯で、日本が最終戦のブラジルを意識して、かなりナーバスになっていたのを思い出します。男子も女子も、経験が足りないと言ってしまえばそれまでだけど・・・。

次は北京五輪。なでしこジャパンは、今回のドイツ戦での健闘を活かして次のチーム作りに励んでもらいたいです。チームとして、何をどのように準備して国際大会に望むのか、その部分の対策をしっかり行って欲しいです。メンタル的な準備も当然必要です。来年の北京五輪も、今回のW杯やジーコジャパン時代の中国アジアカップと同じように、アウェーの雰囲気が作られる可能性は否定できないわけですから。

[PR]

by BlueInTheFace | 2007-09-18 16:28 | サッカー

ご無沙汰です

昨日撮影した赤ちゃんです。
向かって左が兄、右が弟です。

b0011238_23463237.jpg


この写真では分かりにくいですが、弟のほうがおデブさんです。抱っこすると腕にずしりと重みが・・・。

More
[PR]