<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


バルセロナ対リバプール

欧州CL 06/07シーズン、ベスト16 1st leg「バルセロナ対リバプール」@カンプノウ

試合は戦前の予想通り、ホームのバルセロナが終始ボールを支配し、リバプールが固い守りからの速攻をしかけるという展開となった。

守るリバプールがロナウジーニョに厳しいマークをつけるのは、今更言うまでもない。しかし前半14分、リバプールはロナウジーニョを一瞬フリーにしてしまう。そのロナウジーニョがボールを受け、オーバーラップしてきたザンブロッタにパス。ザンブロッタはジェラードを交わしてクロスを入れる。中に走り込んできたデコが、フリーでヘディングシュートを放ち、バルサ待望の先制点を挙げた。

さすがバルサと思わずにはいられない、見事な攻撃であった。しかし一方で、バルサの戦い方に不安を感じないわけではなかった。バルサはいつもよりも若干前掛りに見えた。デコはともかく、シャビやベレッチまでもが、どんどんバイタルエリアに侵入して攻撃に参加する。リバプールのカウンターなど恐るるに足らずと言わんばかりに。このまま波に乗って追加点を奪えればいいが、もし奪えなければ・・・。

リバプールは先制されて若干動揺をみせたものの、その後すぐに集中した守備を取り戻し、もはや、バイタルエリアには蟻の子一匹通るスペースも生まれなかった。そしてボールを奪うと、効率的なボール運びでカウンターを仕掛け、バルサの浅い最終ラインを脅かした。

前半43分、バルセロナはフィナンにフリーでクロスを上げさせてしまい、逆サイドのベラミーがフリーでヘディングでゴールを決め、リバプールは価値あるアウェイゴールを得た。ボールを体ごとゴールに押し込まれてしまったGKビクトルバルデスと、ベラミーをフリーでヘディングさせてしまったベレッチの対応は、あまり褒められたものではなかった。この二人はそれ以降、終始動揺を隠せぬままプレーを続けることとなる。

後半も、ボールこそバルセロナが支配するものの、決定機の数はリバプールのほうが多かった。後半29分にリーセが逆転のゴールを挙げると、その後バルサは猛攻をしかけようとするも、ちぐはぐな攻撃に終始し、決定機を作り出すことはできなかった。そのまま試合は終了、1-2でバルサ敗れる。しかも内容で完敗。特に後半のバルサには、疲れとも慢心ともプレッシャーともとれる、何とも言えない微妙な空気が蔓延していた。もはやエトーの復帰を待つ以外に、有効な特効薬はないのか? 2ndレグに向けてバルサは、まず相手に敬意を評することからはじめなければならないと思う。

※正直、バルサのベスト8進出は厳しいと思う。いや、信じてるけどね・・・。ただもしベスト16で敗退した場合、先日契約したばかりのスカパーは、早くも解約の危機にさらされる事となる。

[PR]

by BlueInTheFace | 2007-02-22 19:12 | サッカー

セルティック対ミラン

欧州CL 06/07シーズン、ベスト16 1st leg「セルティック対ミラン」@セルティックパーク

両チーム、特にミラン側のほうに主力メンバーの離脱が目立つ中、決勝トーナメント初戦がいよいよ開始された。セルティックは欧州CLの決勝Tを初めて経験するというわけで、未知の領域への挑戦に、サポーターのテンションも試合開始前から異様なほど昂っていた。セルティックのグループリーグの成績はホーム3勝アウェー3敗と対象的で、今回のミラン戦も、地の利を生かして是非とも勝ち点3を奪いたいと、多くのサポーターは考えていたはずだ。

だがセルティックは、極力リスクを冒さない戦い方に終始した。変なボールの奪われ方をしたら、カカを中心とした強烈なカウンターを喰らうのは目にみえているので、ボール回しもバックパスを多用するなどセーフティなものとなった。長身FWのヘッセリンクが怪我で万全ではなかったというのもある。確かにミラン相手にアウェーゴールを許すのは痛すぎる。セルティックは勝利よりも失点しないサッカーの方を選択した。セルティックパークのサポーターからは、どよめきの声が試合中数多くあがった。

もちろセルティックはホームで戦うわけだから、90分間虎視眈々と得点の機会を窺っていたのは言うまでもない。しかしミランの厚い守備を前にして、セルティックはパスコースをなかなか見つけられずにいた。ミラン守備陣は、常に俊輔を視野に入れたポジショニングを心がけ、ボールが渡るや否や、最低でも2人はチェックに行く。俊輔が高い位置でボールを貰えた時は、そこそこ得点の匂いが感じられたが、それでもミランの最終ラインが慌てふためくという場面は作れない。ミランは、セルティックの長所を消すことに見事成功。自分たちが戦力的に苦しい時にどう戦うか、その事をミランは経験的に熟知していたと思う。

結局試合は0-0で終了。両チームともリスクを冒さない戦いでありながら、終始見応えのある内容であった。やはりカカは凄い男だと再認識した試合でもあった。2ndレグが非常に楽しみだ。

※先日より、CL決勝が行われるまでの期間限定で、スカパーの「欧州サッカーセット」を契約しました。なお、リーがエスパニョーラを中心に視聴していたWOWOWは、今年のリーガが終了した時点で解約する予定です。これから色々とお金が必要になってくると思うのでね・・・。残念だけど、来期以降、バルサの試合を見るのはしばらく諦めます・・・。

[PR]

by BlueInTheFace | 2007-02-21 19:07 | サッカー

東京マラソン、無念のリタイア

今日は12時から草サッカーの試合の予定だったのだが、相手チームの代表から「今日はこの雨だし中止にしましょう」と断りの電話を入れられた。しかし僕らのチームはほとんど全員が既に河川敷に集合していた。そこで僕らは多数決の結果、せっかく集まったのだからミニゲームでもしてから帰ろうという結論に至り、降りしきる雨と冷たい川の風を浴びながらサッカーを楽しんだ。

河川敷の芝はぐちゃぐちゃで、さしずめ「泥んこフットサル」の様相を呈していた。10分ゲームを行い少し休憩、というサイクルを5、6本繰り返した。休憩中に息を整えようとするも、寒さの為、脳に酸素が行き渡らないようなボーっとした感覚に襲われる。この状況では、東京マラソンを走っている弟が、今頃さぞかし辛い思いをしているだろう事は、容易に想像できるのだった。

僕は草サッカーの後、葛西臨海公園駅で待つ弟を車で迎えに行った。どうだった? と聞くと弟は「リタイアした」と少しだけ悔しそうに呟いた。10kmを過ぎたあたりから寒さで手と足が痺れ出し、半分を過ぎた頃にはもうどうにもならなかったのだとか。結局弟は、品川の折り返し地点を過ぎ、水天宮まで走ったところで無念のリタイアとなった。

冷たい雨の中、3万人もの人が、スタートの30分前からスタート地点に並ばされ、スタートする頃にはトイレを我慢する人が多数いたという。幸い、大会の協賛であるセブンイレブンが、コース沿いの店舗のトイレを解放してくれていたのだが、どのセブンイレブンもトイレ待ちの長蛇の列! しかたなく、弟はコースから一本外れた道にあるファミリーマートに入るも、トイレ待ちに20分の時間を要した。

ホノルルで灼熱のマラソンを2度経験済みだった弟は、今回の東京マラソンを振り返り、寒いよりは暑いほうが全然ましだと答えた。確かにそうかもね。充分に体を温められればよかったのだが、東京マラソンでは、スタート前に満足に準備運動が出来るスペースが無かったと弟は言う。そう考えると、見事完走した29,500人余りのランナーは凄いのだなぁと思う。弟よ、来年は(もし出られたら)頑張って完走しろよ。僕は出ようなんて絶対思わないけどね。

[PR]

孤独を選んだおじいさんの話

実家のドラッグストアの常連客の一人に、「Hさん」というおじいさんがいた。奥さんを早くに亡くしたHさんはアパートに一人暮らし。Hさんには息子が一人いるのだが、その昔、金を借りにきた息子と揉めに揉めた挙げく、勘当したのだという。

Hさんにはバブル時代の蓄えがそこそこあるらしく、金に不自由はしていなかった。しかし彼は高齢で病気を持っているにもかかわらず、病院が嫌いで、施設に入る事も拒み、介護も雇わず、友人も近所付き合いもほとんどない人だった。

そんなHさんとコミュニケーションをとれるほとんど唯一の人間が、うちの両親であった。Hさんは週に一、二度、散歩がてら(?)うちの店にぶらりと立ち寄っては、父または母とちょっとした世間話を交わし、栄養ドリンクやおにぎりを買って帰るのだった。

そのうち、病気がちのHさんは次第に店に来られなくなり、代わりにうちの母が、ドリンクやおにぎりをアパートまで配達するようになった。いつも母はHさんのアパートの部屋に入って荷物を置き、散らかった部屋を簡単に掃除してから帰った。その傍ら、せめて病院にだけは行くよう勧めてみても、Hさんは頑として首を縦に振らなかった。

ある日、Hさんから配達をお願いする電話がいつものように店に入った。ただいつもとは注文の量が少し違う。普段は、ドリンクやおにぎりを3〜4日分ほど注文するのだが、この日に限って、彼は10日分をまとめて配達してくれと言うのだ。母は少し嫌な予感を覚えながらも、いつものように配達し、部屋を片付け、Hさん宅を後にした。その帰り際、Hさんは母に「本当にいつもありがとうね」と深々と頭を下げた。

アパートの大家さんによってHさんの死が報告されたのは、この日からおよそ一週間後のことであった。

あれから一週間ほど過ぎた頃、母は「やはりどう考えてもおかしい」という結論に至り、Hさんのアパートを訪ね部屋をノックしたのだった。しかし中からは全く応答がなく、人の気配すら感じられなかったので、母はアパートの大家さんに相談した。しかし大家さんとはいえ、住人の部屋に勝手に入ることは許されていない。大家さんが合鍵を使って部屋の中へと入る為には、Hさんが入居する時に交わした契約書の「保証人」か、もしくは家族の誰かと一緒でなければならない。しかしHさんには身寄りもなく、契約書に書かれた「保証人」は全くのデタラメであった。大家さんが警察に連絡するからと言うと、とりあえず母は、その場を大家さんと警察にまかせていったん店に戻ることにした。そして部屋に侵入した警察が、Hさんの死体を発見したのだった。

その後警察は、この時の状況を調べる為母を訪ねてきたが、母がHさんの事について警察に質問しても、「肉親以外の方には何も教えられないのです」と言われた。後日大家さんから聞いた話によると、Hさんは「自然死」の状態で発見されたのだとか。警察の捜査で、Hさんの息子の消息も分かったという。Hさんと親交のあったうちの父も、夕食後の食卓で母からその話を聞くと、「そうか・・・」と言ったきり俯いてしまった。その晩の食卓はとても静かであった。僕は、父がすする茶の音だけが響く食卓で、煙草の煙を深く吸い込み、ふぅと一息吐いた。

[PR]

ルイボスの効果?

今日の昼間は温かかったので、こりゃもう春だなーとか地球はどうなっちゃうんだろなーとか思いながら、思いっきり春の装いで出社した(今日は午後出社)。ところが、日が暮れるととたに寒くなってきて、手袋も家に置いてきたので、帰り道のチャリンコは、寒さでかじかむ手を我慢しながらの運転となってしまった。

温かい陽気のせいで、花粉症に悩む人にとっては早くもマスクが欠かせない昨今。僕も数年前から花粉には悩まされているのだが、今年は今のところ何の症状も出ていない。さては、去年の夏から飲み続けているルイボスティーの効果が出たのだろうか(ルイボスについてはWikipediaを参照)。試しにネットで“ルイボス”を検索にかけると、驚くほどたくさんの通販サイトが登場する。

友達の紹介で何気なく飲み始めたルイボスティー。そもそも僕は、サプリとか健康茶の類いには大して興味がないのだけれど・・・。この先どんどん春が近づいてきて、それでも花粉症の症状が出ないようなら、このルイボスティー、認めないわけにはいきますまい。

[PR]

「Second Life」が待っている

先日の「PAGE2007」では、各ブースの最新機器を見てまわる以外に、無料で参加できるコンファレンスにも出席してきた。コンファレンスとは言っても実際に何か討論を行うわけではなく、殆どは主催者側のプレゼンに終始するものだが。

b0011238_1463971.jpg参加したのは「デジタルコンテンツ産業概論」というコンファレンスで、主催は「デジハリ」でお馴染みの「デジタルハリウッド」というスクール。CG作品の『スキージャンプ・ペア』(右の写真)は有名だが、これもデジハリ卒業生による卒業制作の作品だ。

デジタルコンテンツ産業概論
今や我が国を代表ずる産業とも言われるデジタルコンテンツ産業の実態について、出版、音楽、映画、 テレビなど国民生活において重要な役割を持つ主要メディア、そのデジタル化の進行とWebやゲームなど 最初からデジタルコンテンツとして登場したものについて解説します。


この日の講師を務めてくれたのは、デジハリの校長である杉山知之博士という著名なお方。「スギヤマスタイル」という先生のブログにも、この日のことが少しだけ書かれているので参考までに。

ところでこの講演の締めくくりは、先生のブログにも書かれているように「Second Life」の話だった。「Second Life」とは、平たく言えば、オンラインのバーチャルワールド(仮想世界)。ただし従来の仮想世界とは違い、Second Life は「想像できるあらゆるものを創造し実現でき」るとある。詳しくは「Second Life 基本概要」を参照。

確かにこの「Second Life」は面白そうだ。ゲームとして参加するもよし、ブログに変わるコミュニケーションツールとして利用するもよし、ビジネスを展開するもよし、そして暇つぶしにただブラブラするもよし(笑)。インターネットを中心とするデジタルコンテンツの役割は、想像以上のスピードで、我々の生活の内側に入りこもうとしている。
[PR]

何となく不安な一日

金曜日の昨日は、印刷・メディア業界の大規模な催し物として有名な「PAGE2007」の最終日ということで、僕は会社の許可を得て、丸一日をかけて見学させてもらった。

※「PAGE2007」についての詳細なレポートは、専門的な話になり過ぎてしまう為、今回は割愛させていただきます

東京池袋のサンシャインシティ内に設けられた会場は、午前中からたくさんの入場者で賑わっていた。僕の通っていた高校はサンシャインビルから割と近い場所だったので、会場につくまでの道すがら、周りをキョロキョロ見渡してはあぁ懐かしいなぁと目を細めて歩いた(最近は池袋に足を運ぶことがほとんど無かった)。ところが会場に着いたとたん、僕は会社から貰っていた入場券を家に忘れた事に気づき、仕方なく自費で入場料を負担(1,000円)。センチな思い出の断片は、あっけなくどこかへ飛んでしまったのだった。

本当は会場内の様子を携帯で撮影し、ブログにUPしようかと思っていたのだが、その携帯をも家に忘れてきてしまいあえなく断念。しかしひとたび会場内に足を踏み入れたら、見て回るところがたくさんあり過ぎて、忙しくて写真どころじゃなかったのも事実だ。ただ、仮に携帯を忘れなかったとしよう。その場合、僕の携帯カメラに収められたのが、大企業のブースに配置されたキャンペーンガールだけだった可能性は、残念ながら否定できない。

この日僕と一緒に会場を見て回った、会社の同僚で僕と同い年の仙台出身S君は、未だに携帯を買ったことも使ったことも無いという強者だ。S君曰く「必要ない」との事。うん、本人が必要ないっていうなら、買わなくて正解だと思うよ。買えば買ったで便利なのは間違いないが、いざという時に忘れてしまうと、大して必要でもないのに、何となく一日不安な気持ちになってしまうからね。

兎にも角にも、「PAGE2007」終了時刻の午後5時を無事迎えた。僕は、サンシャインの会場からそのまま直帰させてもらう旨を、公衆電話を使って会社に連絡した。久々に使ったよ公衆電話。久々に、電話する時「10円玉足りるかな・・・」って心配した。100円だとおつりが出ない仕様の公衆電話に、ちょっとした苛立ちすら覚えたのだった。

[PR]

バカの壁

b0011238_22561915.jpgバカの壁
養老孟司 著
/新潮新書 2003年4月10日初版

ここで敢えて説明するまでもない大ベストセラーの本書。先日古本屋で偶然見つけて、試しに買って読んでみた次第だが・・・僕の予想を遥かに超えた面白さだった。養老先生がこの本で言わんとするところに、大きな共感を覚えた、そういう類いの面白さであった。

僕は面白いと思ったが、しかしネットでのレビューを見る限り、養老先生が本書で展開させた論証方法や例示に、難癖をつける人も多数存在するようだ。中には「読む価値が無い」とまで言い切る人も。たしかに話はあちこちに飛躍しがちだし、時に突拍子もない例を示したりもする。だが、養老先生が言わんとするところの大まかな部分は大体伝わっているはずだ。

・「(個性的かどうかを心配するよりも、)親の気持ちがわからない、友達の気持ちがわからない、そういうことのほうが、日常的にはより重要な問題です」
・「人生の意味は自分だけで完結するものではなく、常に周囲の人、社会との関係から生まれる」
・「自分には無意識の部分もあるのだから、という姿勢で意識に保留を付けることが大切なのです」


特に、僕が本書に対して最も共感を覚えたのは以下の部分。

「知るということは、自分がガラッと変わること」


僕自身、以前の自分とは大きく変わったなぁと実感したのは、確か今から3、4年前のことだろうか。ちょうど僕がこのブログを始める少し前の事だ。その経緯については省略するが、とにかく当時の僕は凹んでいた(それ以前の僕はまさに“イケイケ”だった)。友人の一言がきっかけで僕は再生できたわけだが、それからは、世界の見え方が少し変わった。自分が変わったことによって、知り得るもの、見えるものの幅が、それまで以上に広がったと思う。素晴らしい経験です。

いかにも売れ線を狙った感のある『バカの壁』というタイトルが、僕をこの本から遠ざけさせていたのだが・・・。今は読んでよかったなぁとしみじみ思う。僕はこの先まだまだ変わり続けていきたい、そう思わせてくれただけでも、本書を手にとった価値があるというものだ。
[PR]

by BlueInTheFace | 2007-02-08 00:38 | 読書

楽しかった町内会理事

僕が一昨年の四月から任されていた、町内会理事という仕事。その二年に渡る活動が、本日をもってようやく終了となった。理事という立派な肩書きをもらってはいるが、大した事はやっていない。それぞれの班の班長さんが、各世帯を回って町会費を集金し、それを理事である僕に届ける。僕はそれを地区部長のTさんに届けるだけ。つまり理事とは、班長さんと部長さんとの間に立つ、クッションの役割なのである。

大した仕事ではなかったものの、その仕事の大半はうちの嫁さんがやっていたわけだから、僕が偉そうに言える立場にはない。僕は時間に余裕がある時に手伝ったくらいだ。たまにしか仕事をしなかったからだと思うが、僕は理事の仕事をやるのが結構面白かった。その理由は、地区部長Tさん(女性:推定60歳前後)の素敵な人柄によるところが大きい(過去記事「全部聞こえてるよ」を参照)。

今日の夜9時半ごろ、二ヶ月分の町会費をTさん宅に届けに行った。もう夜も遅いかなと思って、届けにいく前に断りの電話を入れたのだが、Tさんは「いつでもいらっしゃい」と言ってくれたのだ。Tさんがドアを開け僕を玄関に招き入れる。家の中は薄暗く、どうやら家族の人は誰もいないようだ。僕とTさんは玄関で膝をつき合わせて座った。

Tさんは町会費の金額を確かめながら、「これで理事さんもお終いね、ごくろうさま」と僕を労ってくれた。いえいえ、地区部長を10年も務めているTさんの頑張りには遠く及びませんよ・・・。

色々話し込んだ後の別れ際、僕がTさんに電話を入れた事に対してTさんは、「夜遅くに若い男の人からの電話なんて滅多にないから、ちょっとドキドキしちゃった・・・」と言い、「まぁそれは冗談だけどね、 気をつけて帰ってね」と続けた。でも、彼女のそれが本当に冗談であったのか、正直僕にはよく分からなかったんだ。だから僕はさよならの代わりに、彼女をギュッと抱きしめ・・・る代わりに、色々とありがとうございましたと一礼したのだった。玄関の外は、冷たい空っ風が吹いていた。僕はこの二年間、彼女の苦労をやわらげるクッションとなり得たのだろうか。

さて、実は最後に理事としての大仕事が一つ残っている。それは次期の理事の選定と仕事の引き継ぎだ。これは想像するだけでも大変にやり甲斐のある仕事となるに違いない。もちろん、この件に関しては後にしっかりと記事に起こすつもりだ。

[PR]

自業自得じゃ済まされない

我が家のiMACが突如正常に起動しなくなり、その為OSを再インストールするハメに陥ってしまった。原因は、不可視項目の「Private」というフォルダを、僕が興味本位で削除してしまったからである。そう・・・自業自得なのである。

まぁそんな話はどうでもいいとして、自業自得と簡単には割りきれない、僕ら夫婦にとって最悪のシナリオに陥りそうになった話を一つぶちまけたい。この話は、先の記事「H君は生きている」の後日談でもある。

僕ら夫婦とその一団は、日本橋の居酒屋で飲んだ後カラオケボックスに直行。家に帰った時は既に日付が変わっていた。明日は仕事だからとっとと風呂に入って寝ようと思っていたその矢先、奥さんの一言で事態は急変した。「尿に血が交じってる・・・」

即座に病院へ電話すると、看護士の東北弁の女性の「24週目の出血はまずいっぺ」という一言が返ってきた。今すぐ病院に来るよう告げられた僕らは、極力平静を保ちながら、家から徒歩5分の病院へと向かった。その夜奥さんはそのまま入院。僕は一度家に帰り、入院に必要なものを整え、次の日の早朝に病室へと届け、そのままほとんど寝ずに会社に行った。

検査の結果、幸い奥さんの体も赤ちゃんも大事には至らず・・・という知らせを僕が受けたのはその日の午後だった。羊膜が炎症を起こしているというのが出血の原因らしいく、抗生物質で治療して、来週には退院できるだろうとの見通しだった。僕は緊張の糸が解け、仕事中なのに眠くて眠くて仕方がなかった。

僕ら夫婦は病院へ行く途中の夜の道すがら、日本橋に出かけるだけならまだしも調子に乗ってカラオケまで行った事を心底悔やんでいた。もしこれで最悪の結果を迎えたら、自業自得と簡単に割り切れるような話ではない。医師によると、幸い(?)日本橋で歩き回ったことが出血の原因ではないとの事だが、今後はこれを機に極力無理な運動を控えるよう、医師に言い渡されたのだった。

[PR]