<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧


美しく儚いものたち

決勝トーナメント1回戦最後の試合は、スペイン対フランスという豪華な顔合わせ。グループリーグでスペインが見せた華麗なパスサッカーは、堅い守備を誇る元王者フランスを相手にどこまで通用するのか。スペインは自分たちの“哲学”を貫き通し、同時に勝利を手中に収めることができるか。ジダンという至高の存在を別にすれば、僕の興味の殆んどはそこにあった。

スペインの“哲学”とは、言うまでもなく攻撃。高いボール・ポゼッションの能力を活かし、相手に攻撃の機会を極力与えないという考え方。いわゆる“攻撃は最大の防御”というやつだ。そして相手にボールを奪われてもすぐに囲みに行けるように、最終ラインを押し上げ、常にコンパクトさを保っているチームでもある。

この日のスペインは、4-3-3の中盤にシャビ、シャビ・アロンソ、セスクの3人を置く布陣でゲームに臨んだ。セスクとシャビの同時起用。アラゴネス監督の考え方が浮き彫りになる采配だ。もしフランスの攻撃に備えたいと考えるなら、セスクではなくアルベルダ、もしくはマルコス・セナあたりを使って、シャビ・アロンソと二人で中盤の守りを形成するのが筋だろう。しかし監督は、セスクという若き天才の攻撃力を選択した。おそらく守り勝つ気などさらさら無かったのだろう。

しかしフランスの慎重な、粘り強い、アグレッシブな守備の前に、スペインは活路を見出すことができず、逆にフランスに危険なシーンを何度も演出されてしまった。それでもPKで幸先よく先取点を得ることが出来たスペイン。アラゴネス監督の執念が実った形ではあったが、その代償として請け負うこととなった“中盤のお粗末な守備”は、ジダンという天才に時間的余裕を与えることに繋がり、フランスにリズムをもたらしてしまうのであった。中盤でプレスがかからないなら、高く保ったスペインの最終ラインが波状をきたすのはもはや時間の問題だと思われた。前半41分にリベリーが挙げたフランスの同点ゴールは、スペイン崩壊の序曲となってしまった。

スペイン1-3フランス

フランスは後半38分、FKのこぼれ球をビエラが押し込んで逆転に成功すると、ロスタイムにはスルーパスを受けたジダンがプジョルをかわしてダメ押しのゴール。結局終わってみれば、期待されつつも結果を残せないいつものスペインでしかなかった。華麗な攻撃サッカーによる世界制覇を目指し続けるスペインは、華麗さの残像だけをピッチに残したまま儚く散ってしまった。スペインはもっと相手の良さを消すことも学んだほうがいいのでは、と僕は思う。しかし、このままの攻撃的なスペインでいて欲しいとも思っている。自分たちの理想をひたすら追求し続ける、こんなチームが一つくらいあってもいいではないか。儚い夢なのは分かってるけど、でも次のW杯でもきっと僕はスペインを応援していると思う。

[PR]

by BlueInTheFace | 2006-06-29 03:49 | サッカー

カルチョの底力

イタリア対オーストラリア戦の余韻が未だ冷めやらず(ウクライナ対スイスもまた良かったけど)。僕の昂ぶった気を鎮めるためには、あの激闘を頭の中でもう一度再現しながら、感じたことを記事に起こしてみるのが最善だろう。

  ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

オーストラリアは中盤の高い位置から積極的にプレスをかけ、ボールポゼッションでイタリアを圧倒。ピルロを抑えられたイタリアはロングボールを中心にカウンターを仕掛ける。後半開始早々、マテラッツィの退場でイタリアは10人に。オーストラリアの攻勢が続くが、イタリアも最終ラインで踏ん張りを見せ、白熱した戦いは互いに譲る気配を見せないまま延長戦に持ち込まれると思われた。

10人で守り走らされていたイタリアは、試合終盤には疲弊がありありと感じられた。リッピ監督が後半30分にデルピエロに変えてトッティを投入したのは、延長戦を嫌って早めに勝負をつけたいからに他ならなかった。だが無情にも時は過ぎ、後半ロスタイムは3分と表示される。

しかしドラマはロスタイムから始まった。イタリアはここで、延長戦突入を覚悟したかのように、ハーフライン付近でゆっくりとボールをまわし始めた。するとオーストラリアもそれに呼応するかのように、激しいアプローチをかけるのを止めてしまった(かのように見えた。少なくとも、弛緩した空気が若干ではあるが場を支配したように見えた)。イタリアのDFグロッソが、フラフラの足取りながら左サイドをドリブルで駆け上がっていったが、マークについたブレシアーノはあっさりと交わされてしまった。するとグロッソは、そのままフラフラの足取りでペナルティエリアまで侵入し、ついにはファールを誘ってPKを獲得してしまったのだ。

このPKをトッティがきっちり決め、その瞬間に試合終了。イタリアはサッカーで負けて勝負に勝った。オーストラリアは90分を完璧に戦ったが、延長戦突入(=勝利)を確信した途端、僅かな隙間が生じ、そこをイタリアに突かれて勝負に負けた。オーストラリアにしてみればまさに天国から地獄。まるでギリシャ神話の悲劇の主人公のような、不条理な敗北を喫してしまった。しかし、だからこそ見ている我々は、そこにサッカーの真の面白さ、醍醐味を感じる。両チーム、特にオーストラリアには、素晴らしい試合をありがとうと心から言いたい。

そしてイタリアに、僕はカルチョの底力を見せつけられた気がした。これはほとんど奇跡に近い勝利だ。この一勝は、計り知れないほど大きなものをイタリアにもたらしたような気がする。勝利への飽くなき執念が結果を生み、チームの勢いと団結力は、この先上昇はすれど下降することはまず無いだろう。今僕は、優勝予想をイングランドからイタリアに変更することを、本気で検討しはじめている。

[PR]

by BlueInTheFace | 2006-06-28 03:19 | サッカー

運動不足

こんにちは。今日の東京は、雲は多いながらも陽射しは強いです。ちょっと歩くと額に汗がじっとり浮かんできます。今日の投稿も昨日に引き続き、また電車の中から携帯メールで失礼します。車内の冷房が火照った体に気持ちよいです。

今日も午後出勤なので、早起きしてW杯の録画分を2試合観戦してから家を出ました。天気がよいので、試合は早送りで観戦して、その後ランニングをしようという計画を立てました。

ところが、イタリア対オーストラリアは90分間目の離せぬ展開となり、早送り再生を断念して通常の再生モードに切り替えました。リッピ監督がイライラしながらガムを噛む様子がいと可笑し。いつもなら煙草で気を落ち着かせるのにね。

で、スイス対ウクライナを早送り再生すればまだランニングの時間はあると思ってたんだけど、この試合は90分でも決着がつかず、延長戦の後半とPK戦は通常の再生モードで見てしまった為、結局ランニングは断念しました。最近はサッカー観戦に負われる毎日で、自分の体が少々なまっております。

皆様のコメントは携帯を通じて読ませてもらってますが、返信が遅れて申し訳ないです。明日こそ・・・。

[PR]

ポルトガル対オランダ

週末はサッカー観戦やら何やらで、家でPCに向かう時間がなかなか確保出来なかった。つい先程、W杯決勝T1回戦、ポルトガル対オランダの録画分を観戦し終え、今は会社に向かう電車の中(今週は午後出勤)。

ポルトガル対オランダはナイスゲームだった。試合終了後、解説の大熊さん(元日本代表ユース監督)がこの試合の面白さを「サッカーを超越した」云々と表現していたが、まさにその通りだと思った。イエローカードが乱立し、両チームとも退場者を二人ずつ出すという荒れた試合ではあったが、それさえも含めて物語性に満ちたいい試合だった。通勤途中の携帯電話からでは、とてもじゃないが語り尽くせない。

オランダは試合開始当初からC・ロナウドに対して激しいアプローチを仕掛け、ロナウドは太股の筋肉を負傷。この辺りから荒れた試合になる予兆はあった。片やポルトガルも、ロッベンには決して自由を与えなかった。両チームとも素晴らしい守備をみせ、目を離せない拮抗したゲーム展開になった。

勝敗を分けたのはゲームメーカーだった。ロッベンが抑えられて、決定的なチャンスを作れずにいたオランダに対して、ポルトガルはデコがC・ロナウドを巧くサポートした。ロナウド→デコ→パウレタ→マニシェ、と繋げての鮮やかなゴールが、この試合唯一のゴールとなった。

この日のもう一試合は、イングランドがエクアドルを順調に下した為、これで準々決勝は待望の「イングランド対ポルトガル」に決定。ユーロ2004での死闘が、再び繰り返されるのか?(嬉)この対決を見ずして、今回のW杯は語れない(いやそれを言い出したら、全試合見ないと語れなくなってしまう…)。

[PR]

by BlueInTheFace | 2006-06-26 13:04 | サッカー

日本終戦 ~2006ドイツW杯~

日本1-4ブラジル

得点:玉田 圭司(前半34分)、ロナウド(前半46分)、ジュニーニョ・ペルナンブカーノ(後半8分)、ジウベルト(後半14分)、ロナウド(後半36分)


完敗だった。ぐうの音も出ない完敗。日本は全ての面においてブラジルの足元にも及ばなかった。日本は一分二敗の勝ち点1、得失点差は-5で4位。突きつけられた数字が、日本のレベルを残酷に物語っている。

アルゼンチン対セルビア・モンテネグロ戦で、6点を取られて敗戦を喫し、第2戦目にして早々にグループリーグ敗退を余儀なくされたセルビア・モンテネグロ。彼らが感じたであろう屈辱はあまりに想像を絶していて、僕はその気持ちを推し量ることが出来なかった。しかし今日本の選手たちやスタッフ一同、そして我々サポーターは、セルビア・モンテネグロの人たちと同じくらいの惨めさを感じている。

特にロナウドが4点目を決めた直後。ブラジルが3人目の交代枠にキーパーを使ってきたのは、日本にとって屈辱以外の何物でもなかった。と同時に、ブラジルのW杯に賭ける執念のようなものを感じて背筋が寒くなった。そこまでやるか・・・と。しかしこれが勝負というものなのだから仕方がない。サッカーに終わりはないのだから、日本はこの屈辱をバネにして、地道に努力を積み重ねて成長していくしかない。

日本代表を応援するサポーターの一人として、一応自分なりにジーコ日本の戦いぶりを総括してみようと思ってるのだが、それはまた次の機会にしよう。今はただただ悔しい。とにかく選手やスタッフの皆様にはお疲れサマと言いたい。彼らはきっとピッチ上だけではなく、あらゆる面において過酷な戦いを強いられ続け、身も心もボロボロになっているだろうから・・・。


14:30追記:さっきコンビニに行ったら、レジのおばちゃんが「今日はとっても静かな日。サッカーがあったから。」と言ってました。TV越しに声援を送った日本中の皆さん、おつかれさまです。これからも日本代表を応援し続けましょう!

[PR]

by BlueInTheFace | 2006-06-23 11:51 | サッカー

(-∧-;)

日本の2点差勝利とクロアチアの1-0勝利を祈りつつ・・・今夜は寝ます。


明朝7時に起きてビデオで観戦予定。
朝TVをつけたらニュースで結果を知っちゃった、とかいう事態に陥らないよう、寝る前にチャンネルを教育TVに合わせてからTVの電源を切りました。

リアルタイムで観戦の皆様、ご苦労様です。
僕が録画で見終えた頃には、きっと皆様のブログに勝利の2文字が躍っていることでしょう!




・・・ドキドキしてきた。眠れるかな。でも寝なきゃ・・・。

ではまたあした。がんばれニッポン!

[PR]

マジカル・インデックス

ウーマン・エキサイトにて診断できる『マジカル・インデックス』が、ネームカードに載るようになって久しい。(マジカルインデックスについてはこちらを参照。)僕のマジカルパターンはこれ↓です。

b0011238_1161438.gif太陽グループ きらきら組のペガサス
『人を引きつけるロマンティスト』
社交的でじっとしているのが苦手な人。人の役に立つ事が自分の喜びとなる、奉仕の精神を生まれながらに持つ。愛情豊かで情にもろく、すぐに涙を流して同情してしまう面倒見の良いタイプ。要領は良く、情報収集家。

だそうです。ちなみにこのマジカルインデックスは、基本的に良いことしか書いてありません。



さて、連日サッカーネタが続いて恐縮ではありますが、日本代表のあの人たちのマジカルパターンをチェックしてみまんた♪

More

[PR]

日本対クロアチア 他

昨日の日本対クロアチア。終わった後なんだか妙に眠たさが襲ってきて、シャワーを浴びて即寝。しかしブラジル対オーストラリアの結果が気になって気になって、夢にまで出てくる始末だったので、早起きしてビデオ観戦しました。

まずは我等が日本代表の試合ぶりを簡単に振り返って、と。。。

この日のクロアチアはヒデや俊輔に密着マークをつけてこなかった。ラッキー♪高い位置からプレスをかけられるのは正直しんどいが、向こうもしんどいのでやめたのだろう。前半最大の見せ場だった川口神降臨の瞬間は、いったい何人の日本人が吼えたのだろう。欲を言えばあの直後の日本は、相手の動揺を見逃さずかさにかかって攻め立てて欲しかった。

後半開始早々の福西と稲本の交替は至極当然だった。福西のあの出来なら、誰が監督でも交替させたに違いない。あれほどの絶好機を外してしまった柳沢をピッチに残しておく理由もどこにも無かった(残しておくのはサッカーの神に対する冒涜だ)。攻撃にスピードのアクセントをつける為に玉田を選んだのも頷ける(しかしこの時ほど松井の必要性を感じたこともなかった)。試合終盤、玉田が審判とぶつかって倒れたときだったか。解説の井原が思わず「玉田・・・立て!」と呟いたのにはちょっと笑ってしまった。その気持ちよく分かる。日本はクロアチアとドローで痛み分け。得失点差の-2点が日本に重くのしかかる。

ブラジル対オーストラリア。ブラジルはリズムをつかめないながらも余裕を感じさせる試合運びで2-0の完勝。ブラジルには最低4-0で勝ってもらいたいと思っていたが、そう甘くはなかった。ブラジルのセンターバック2枚は大会の1・2を争うほどに堅いな。こいつらを相手に、日本が2点差以上で勝利を収めなければ、日本の決勝T進出の望みはない・・・・・・・・・。

韓国対フランスは白熱した好勝負だった。フランスが前半から果敢に攻め、アンリの得点で先制するも、その後韓国の粘りのディフィンスの前に追加点が奪えず。しかし堅守を誇るフランスは、韓国にほとんど反撃のチャンスを与えなかった。後半、韓国は攻撃的選手を次々と投入。フランスゴールを何とかこじ開けようとする気迫に満ち溢れていた。そして後半36分、韓国は右サイドからのクロスを安貞桓が折り返し、朴智星が執念で押し込んで遂に同点!そのままタイムアップを迎えると、韓国サポーターはまるで勝ったかのように大騒ぎ。僕はフランスを応援していたのだが、同点になってからは、もうこの際だから韓国勝っちゃえ!と思わずにはいられないほど、韓国のサッカーは見るものを引きずり込んだ。正直、韓国が羨ましい・・・。

[PR]

by BlueInTheFace | 2006-06-19 10:17 | サッカー

面白くなってきたE組

昨日の土曜日は急遽夜勤が中止になり、おかげで昨日やってたW杯の試合を3試合ともリアルタイムで見れました(わーい!)。

ポルトガル対イラン

試合前にベンゲルが「ポルトガルは苦戦すると思うが2対0で勝つ」と予想していて、僕も全く同じ予想だったのが、しかし内心はイランを心底応援していた。

イランは、前半からポルトガルを恐れることなく勇敢に戦っていたが、90分は持たないだろうなと感じていた。それでも致命的なミスさえなければドローはありえるかもしれないと期待していた。しかしそんなイランの健闘をあざ笑うかのように、後半18分デコのミドルが一閃!その後、フィーゴがペナルティエリア内で倒されて得たPKをC・ロナウドが決めて勝負あり。イランはチームとしてはよく戦っていたが、悔しいことにタレントの差が勝敗を分けてしまった。攻撃陣はもちろんのこと、DF陣もまた強さが光ったポルトガルであった。

チェコ対ガーナ

僕はその後風呂タイムを挟み、チェコ対ガーナを前半15分頃から観戦し始めたが、TVを点けたらすでにガーナが先制点を挙げていた(なにぃ~!)。ガーナは攻撃に守備にと、とにかく良く走っていた。僕はガーナのハイペースなサッカーを見ていて、イランと同様90分は持たないだろうと感じていた。しかし彼らは後半になってもほとんど運動量が落ちず、それどころかチェコを内容で圧倒していた。

ガーナの身体能力と“勝利への意志”を前にして、チェコDF陣は今一歩ラインを上げ切れなかった。アメリカ戦の時のチェコと比べると若干走れてないかなとも思った。そして後半20分には、チェコがガーナにPKを献上してしまうと同時に、DFウィファルシが退場。ガーナの先制点の場面でミスを犯していたのもウィファルシ。彼にとっては最悪な一日だっただろう。ガーナはこのPKを外してしまうものの更に猛攻を続け、後半37分、遂に待望の追加点を挙げる。ガーナ嬉しいW杯初勝利!ガーナはイエローカードもいっぱいもらってしまったが、次の試合のことなんかお構いなしのガムシャラサッカーで、精密機械チェコの歯車を狂わせてしまった。

イタリア対アメリカ

初戦のイタリア対ガーナを見てないのでびっくりしたのだが、トッティの髪の毛が短い!素敵~(*^^*)ポッ

ごほん・・・。さて、ガーナと同様初戦を落として、どうしても勝ち点が欲しいアメリカ。チェコ戦での軽率な失点の反省を踏まえて、イタリア戦ではしっかりとDFラインを保つとともに、中盤から激しいアプローチを繰り返した。前半18分ピルロの蹴ったFKをジラルディーノが決めてイタリア先制。しかし直後の前半23分ザッカルドのオウンゴールでアメリカが同点に追いつく。その後アメリカに2人、イタリアに1人の退場者が出てしまい、アメリカ9人対イタリア10人での戦いとなった。

後半のアメリカは、フィールドプレイヤー8人のうち7人で守って4人で攻めた。残り10分はさすがに足が止まっていたが、それでも数的不利を感じさせない見事なパス&ランのサッカーで、優勝候補イタリアから勝ち点1をもぎ取った。この結果、E組は全てのチームにグループリーグ勝ち抜けのチャンスがある混沌状態。イタリアとチェコのどちらかがグループリーグ敗退という可能性も充分に考えられる。

そして今日は・・・

いよいよ日本対クロアチアの日。クールに熱く、闘って欲しい。日本対オーストラリアの試合をもう一度見直してみたけど、日本は結構いい試合をしていたと思うよ。だから自信を持って闘おう。威風堂々だ日本!

[PR]

by BlueInTheFace | 2006-06-18 19:00 | サッカー

チェコとスペイン

ドイツW杯はもう既に全てのチームが初戦を戦い終えたが、僕は時間が無くてなかなか全試合観戦というわけにはいかない。中でもアルゼンチンやイタリアのゲームが全く見れてないのは残念だ。

以下は、僕が最近見た試合の中で、特に印象に残った2試合についての雑感。

・チェコ 3-0 アメリカ

まずはチェコの美しいサッカーに乾杯。アメリカのリスクを負った攻撃で何度か危うい場面を創られた以外はパーフェクトな守備。ボールホルダーに対して、中盤は最低一人が厳しくチェックに行きパスコースを限定し、その後方に待ち受けるDF陣が常にインターセプトを狙っている。首尾よくボールを奪って攻撃に転ずれば、長短織り交ぜたワンタッチのパスまわしやドリブルで、ボールを効率良くゴール前まで運ぶ。攻守の切り替えが早く、ボールを奪われても前線からのチェックを怠らない。その間にDF陣は完全に守備の陣型を整えている。何より、一人ひとりが与えられた役割をきっちりとこなそうとする姿勢が素晴らしい。

逆にがっかりさせられたのはアメリカ。特に先制点を与えた場面で、チェコの右サイドを完全フリーにしてしまったのは非常に悔やまれる。極めて高いDFの集中力が必要とされるW杯のような大会の初戦で、あそこまでサイドの裏を取られてもいいものか?あの時アメリカは攻撃に出ようとしてチェコにボールを奪われ、それが即失点に結びついてしまったのだが、アメリカの左サイドは明らかに上がり過ぎだった。攻撃だから上がって行ったのは当たり前とでも言うのだろうか。攻撃と守備は常に表裏一体。アメリカは、ベースボールやバスケットボール的(攻撃と守備の時間がハッキリ分かれている)なスポーツ感から脱却しない限り、一流のサッカー大国とはなり得ない。

・スペイン 4-0 ウクライナ

スペインも、チェコと同じで攻守の切り替えが早く、洗練されたパスサッカーを得意とする。だがチェコのサッカーとスペインのサッカーでは、見る者が受ける印象は大分違う。最も違うと感じるのは、スペインが「待ち構える」守備をしていないということだ。スペインは相手のボールホルダーに対して、常にアタックを仕掛けているような気がする。ゴール前までボールを運ばれるのを極端に嫌っている感じがするのだ。

そして攻撃に転じてからのボール・ポゼッション力が恐ろしく高い。味方がボールを持つや否や周りの選手は、パスを貰うために最適なポジションへと即移動する。パスがどんどん繋がるので、ウクライナはプレスをかける為に走り回らざるを得ない。相手が疲れて走れなくなれば、スペインはますますボールを回しやすくなる。

この日のスペインは「無敵艦隊」と呼ぶに相応しいサッカーを展開し、ウクライナにはほとんどサッカーをやらせなかった。自分達のリズムになった時のスペインは本当に強い。だがこの先、本当の強国と戦った時のスペインが、どれだけ自分達のサッカーを貫けるのか、疑問が残る部分もある。とにかく相手のボールホルダーに一番近い人間がプレスに行くというスペインのスタイルは、そのプレスが破られた時の脆さも内包している。相手にゴール前まで迫られる時間が長くなった時、果たしてスペイン守備陣は、精神的に持ちこたえることが出来るか。プジョル兄貴のリーダーシップにかかる期待は大きい。

※兄貴、4点目のビューティフルゴールのアシストおめ♪

[PR]

by BlueInTheFace | 2006-06-17 02:33 | サッカー