<   2006年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧


博士の愛した数式

博士の愛した数式
小川洋子
著/新潮社/2004年7月

b0011238_23282181.jpg

[ぼくの記憶は80分しかもたない]博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた――記憶力を失った博士にとって、私は常に“新しい”家政婦。博士は“初対面”の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。数学が博士の言葉だった。やがて私の10歳の息子が加わり、ぎこちない日々は驚きと歓びに満ちたものに変わった。あまりに悲しく暖かい、奇跡の愛の物語。第1回本屋大賞受賞。


以前に当ブログで、佐野元春との対談を紹介した小川洋子さんの『博士の愛した数式』をようやく読んだ。タイトルに「数式」とあるが、決して難解な内容ではない。物語は、明瞭簡潔な文章で静かに進行していくが、エピソードの一つ一つにはユーモアが溢れ、話には深い奥行きがある。

物語の序盤。数学を研究することについて語った博士の言葉が、僕にはとても印象に残った。僕にとってこの言葉は、この物語の“核”を形成する世界観だ。
「そう、まさに発見だ。発明じゃない。自分が生まれるずっと以前から、誰にも気づかれずそこに存在している定理を、掘り起こすんだ。神の手帳にだけ記されている真理を、一行ずつ、書き写してゆくようなものだ。その手帳がどこにあって、いつ開かれているのか、誰にも分からない」

そして博士は、そこに存在する定理を「美しい」と表現する。数学という、定められた解しか持たないように思える学問が、博士の言葉によって、何とも文学的な香りが漂う学問へと価値観を変貌させている。そこに超然と存在している真理。それはある意味、数学という“宗教”とも呼べるのではないかと思った。もちろん、我々はその定理をただ黙って受け入れるのではなく、数学においても人生においても、その定理を発見するためのさまざまな努力、プロセスが重要なのはいうまでもない。

ともかくこの物語を読むと、数式というものが「美しい」ものだと思えてくるのだ。そしてこの物語の結末も、この世に存在している定理と同様に「美しい」。ただ、この物語の世界観を映画で表現するのは、難しい仕事なのではないかとも思った。少し時間をおいて、出来るだけ先入観のない目で、いずれ映画のほうも見てみたい。
[PR]

by BlueInTheFace | 2006-01-30 03:21 | 読書

えびちゃん

突然だが、皆さんは「えびちゃん」と聞いて、誰の事だか分かるだろうか。

今から2週間くらい前のこと。奥さんとの何気ない会話の中で「えびちゃんが・・・」という話題が出たので、僕が「え?えびちゃんって誰?」と訪ねたところ、奥さんに「えびちゃん知らないの?」と驚かれてしまった。聞くところによると、えびちゃんは雑誌『CanCam』の専属モデルで、名前は蛯原友里という。マクドナルドの「えびフィレオ」のCMに出演している女の子、といえば分かってもらえるだろうか。既に巷の女子の間ではかなりの有名人らしい。

そこで僕は、本当に彼女が有名人なのかどうか、会社の野郎共に聞いてみることにした。「えびちゃん知ってる?」と。すると案の定、大半が知らないと答えたので、僕は「え!えびちゃん知らないの?」と言って、奥さんから教えてもらったばかりの彼女のプロフィールを、彼らに教えてあげたのだった。野郎共は皆この話題にガッツリ寄り付いてきた。僕が「えびちゃんには双子の妹がいて、今度デビューするらしいよ」とレア(?)情報を提示してあげると、「おぉ~!」と、意味不明の驚きの声をあげる始末であった。

ここまで知ったかぶりしておきながら、未だに僕はえびちゃんの顔すら分からなかったので、いい加減そろそろチェックを入れておこうと思い立ち、つい先程、彼女のHPをネットで検索してみた。(EBIHARA YURI **Official Website**)おぉ~!これが噂の蛯原友里。かなりカワイイじゃぁないですか!女性に人気というのもなんとなく頷ける容姿だ。

b0011238_0434691.jpgしかし、僕は彼女の魅力にそれほど取り憑かれているわけではないと、敢えて断言しておこう。僕の好みとはちょっとタイプが違うようだ。しばらくは、えびちゃんえびちゃんと騒ぎ立てるのも程々にして、まずは、彼女の双子の妹のデビューを待つことが得策だろうと、現時点では思った(何の「得」があるのかは僕にもよく分からないが・・・)。

※「取り憑かれているわけではない」と書いておきながら、しかしこうやって写真をまじまじと眺めていると、いつの間にか、彼女の微笑みに対して微笑み返しをしている自分に気付くのだった・・・(オイ

[PR]

完全敵地

完全敵地
加藤 久
著/集英社/2005年11月30日 初版

b0011238_5221292.jpg

 1985年4月30日、平壌で行われたメキシコ・ワールドカップ・アジア一次予選、北朝鮮対日本。サッカーファンの間では“伝説のアウェーゲーム”と言われている。ベールに包まれた国、北朝鮮。日本と国交のない国に入国を許可されたのは、26人の日本代表選手団と、6人のジャーナリストだけだった。もちろん、この試合は、テレビで中継されることもなかった。8万人の大観衆との戦い。私にとっては、今でも壮絶な記憶だ。(著者まえがきより)


'77年の早稲田大学在学中にサッカーの日本代表に選出され、'84年~'87年には代表主将を務めた、名センターバック加藤久、通称“キュウさん”。この本には、メキシコ・ワールドカップ・アジア予選における、日本代表の壮絶な戦いぶりが、当時キャプテンだったキュウさんの視点によって鮮明に語られている。この予選の長い戦いを一冊の本にまとめるにあたって、キュウさんが主題として選んだ試合が、一次予選の北朝鮮とのアウェーゲームだ。

※当時ワールドカップのアジア地区予選は、広大なアジアを東西ふたつの地域に分けて戦っていた。東西それぞれ1チームづつ、つまりアジアからは計2カ国が、ワールドカップ本大会に出場できた。日本は、一次予選(対シンガポール・対北朝鮮)、二次予選(対香港)を勝ち抜き、最終予選で韓国と対戦した。試合は全てホーム&アウェー方式で行われた。

この本を読むと、サッカーの真剣勝負、特にワールドカップの予選というものが、いかに厳しい戦いなのか、改めてよく分かる。勝敗の行方は、選手や監督によるチーム作りだけで決まるのではない。その国の、サッカーを取り巻くありとあらゆる環境が、実戦の場では試されることになる。大袈裟ではなく、ワールドカップ予選とは、サッカーというスポーツを通じて行われる、国と国の威信を賭けた総力戦なのだ。しかしもちろん、この本の内容が、北朝鮮との政治的・文化的対立を煽るものでは断じてない。

日本代表や読売クラブで、幾多の真剣勝負の場をくぐり抜けて来たキュウさんの、鋼のような意志と、飽くなき向上心と、人間としての器の大きさを、この本では随所に感じることができた。それだけでもこの『完全敵地』を読む価値はあると思う。ワールドカップ予選における過酷な長い戦いは、勝者・敗者に関係なく、それ自体が既に一つの美しいエピソードだが、それがキュウさんの視点で語られることによって、さらに崇高な物語へと昇華している。
[PR]

by BlueInTheFace | 2006-01-24 05:23 | 読書

初蹴り

昨日の東京は一日中雪が降り続いたが、今日の朝目を覚ましてカーテンを開けたら、眼前には雲ひとつない青空が広がっていた。我が家は、大きな通りから一本奥まった細い路地沿いにあるので、車の通行がほとんど無いのだが、それでも何本かつけられた車の轍の跡は完全に凍り付いていて、歩くのには危険な状態だった。僕はこの状況を予想していたので、昨日の夜のまだ雪が凍りつかないうちに、家の前の道路に積もった雪を、塵取りを使って道路端に除去しておいた。雪かきの甲斐あって、我が家の前で誰かが滑って怪我をする心配はなくなり、気分良く朝を迎えられたのだった。

さて、本日は2006年度の草サッカーチーム初蹴りの日。いつもの河川敷に到着すると、案の定グラウンドは一面の銀世界だった。川沿いに長く続く河川敷のグラウンドだが、遠くを見渡してみても、やはり誰もここでサッカーをしている人間などいなかった。河川敷の雪かきをする人など誰もいないので、銀世界なのは当たり前のことだが、それにしてもここでサッカーをするのかと思うと、考えただけで身が縮こまった。

スパイクを履いてグラウンドに足を踏み入れると、すぐに足が雪に埋もれてしまい、冷たさでつま先がツーンと痛くなってきた。しかし鬼ごっこなどで徐々に体を慣らすと、次第に体が温まってきて、逆に雪上でのサッカーが楽しくなってくるのだった。スライディングしても、ダイビングヘッドで地面に落ちても、全然痛くないのだから楽しくないはずがない。雪上でのサッカーは、まるでビーチサッカーのように激しく体力を消耗したが、僕たちは約3時間、タップリとサッカーを楽しむ事ができた。

b0011238_2121784.jpg


今年こそゴール決めるぞ~!
[PR]

けんかをやめて

今から8年位前のこと。ひょんなことから僕が「一皮むけた」経験を、ひょんなことから思い出したので、忘れないうちにちょっと書き綴っておこう。

1982年に第24回日本レコード大賞金賞を受賞した、河合奈保子の「けんかをやめて」という曲をご存知だろうか。「けんかをやめて/二人を止めて/私のために争わないで/もうこれ以上」というサビで有名な、竹内まりや作詞のあの曲である。

当初この曲が世に出てヒットを飛ばした時、僕はこの曲を聞いても特に何の感慨も抱かなかったのだが、思春期に突入する中学生の頃になると、いつしか僕はこの曲を毛嫌いするようになっていた。その嫌悪感の矛先は、この曲の主人公である女の子に向けられていた。僕はこの女の子に、「悲劇のヒロインぶって」いるような印象を受けたからだ。

この曲に対する嫌悪感は、僕が二十歳を過ぎてもまだ消えることはなかった。しかしある日を境に、僕はこの曲の印象がガラリと変わったのを覚えている。あれは確か僕が24~25歳の頃。会社のラジオで、文化放送の『えのきどいちろう意気揚々』という番組を聞きながら仕事をしていた時のことだ。(えのきどいちろう氏のプロフィールはこちら

番組内でえのきど氏が、文化放送アナウンサーの水谷加奈ちゃんに、「けんかをやめてという曲を聞いてどう思うか」と尋ねたところ、加奈ちゃんは「悲劇のヒロインぶって感じ悪い・・・」云々とコメントした。僕はこのコメントを聞いて、やっぱり同じように思う人はたくさんいるのだなぁと思った。ところがえのきど氏は加奈ちゃんのコメントを受けて、次のように返した。(うる覚えです)

「僕はこの曲結構好きです。それは、この曲に登場する女の子が好きとかそういう話ではなくて、この曲の“作品”としての部分が好きだという意味です。作詞を担当した竹内まりやさんの着眼点が素晴らしい。悲劇のヒロイン気取りだなと反感を買うのは承知のうえで、そういった要素をあえて歌詞の中に盛り込んでいます。僕は「うんうん、こういう女の子っているよねー、分かる分かる!」的な感じで、この曲を楽しめるのです。」


えのきど氏のこのコメントを聞いて、僕は目から鱗が落ちる思いだった。なるほどそういう解釈もあるのか、と。この曲に対する嫌悪感がちっぽけな物であることに気がついてしまった。そしてふいに、「大人になるという事」という疑問に対する、自分なりの答えが見つかったような気がしたのだった。それは「許容する」という事。或いは「分かってあげられる」という事。この時の放送を聞いて以来、僕は大人になるという事を、そういう風に解釈してきた。自分の中の「許容範囲」を広げるため、色々なことを見聞し、体験し、自分のものにしていこうとあの時僕が感じた想いを、これからも忘れる事がないように努力していきたい。
[PR]

ダイアモンドシティ

朝(といっても昼近く)に目を覚ましカーテンを開けると、真っ青に晴れ渡った空が眼前に広がっていたので、部屋の中に干してあった洗濯物をベランダに出し、少しだけ遠出して、ショッピングに出かけてみた。

行ってきたのは、埼玉県川口市にあるショッピングセンター「ダイアモンドシティ キャラ」というところ。ダイアモンドシティとは、ジャスコ【現イオン(株)】と三菱商事(株)の共同出資による会社で、関東・関西を中心に20箇所以のショッピングセンターを展開しているらしい。

案の定、センター内2階にあるスポーツショップ「スポーツオーソリティ」のショーウィンドウには、「浦和レッドダイアモンズ」のユニフォームや選手たちの巨大ポスターが、一番目立つところに飾られていた。もうすぐここに、オランダから帰ってくる小野選手のポスターも飾られることだろう。僕はここで、上級者用のリフティングボールを購入。本当はまだまだ初心者レヴェルなのだが・・・。

ショッピングを終え地元に戻ると、路面が少し濡れていたので、慌てて帰宅し洗濯物を取り込むも、時既に遅し。洗濯物はしっとりと濡れていた。明日からまた寒く、天気も悪くなるという予報を聞いて、憂鬱な気分になった。

ところで、今年の冬の僕の定番は、就寝時にネックウォーマーを首にかぶる事。それでも寒いときは、パーカーを着てフードをすっぽりと被る。完璧だ! しかし頭寒足熱という言葉があるが、こんなに頭を暖かくして大丈夫なのだろうか。

[PR]

Intel製プロセッサ搭載のMAC

2006年の今年、創業30周年を迎えたApple Computer社が、Intel社製のマイクロプロセッサを搭載した新型Macintoshの発売を開始した(アップルホームページ)。発売された新型MACは「iMAC(旧 iMAC G5)」と「MacBook Pro(旧 PowerBook G4)」の2機種。IBM社製のプロセッサではなくなった為、おのずとMACの名称も変更されるというわけだ。価格は旧モデルから据え置きだが、マシンの性能はiMACで2倍、MacBook Proでは4倍になるという。

昨年の6月にApple社から、2006年にPowerPCをIntel製プロセッサに移行すると発表があり、僕はその頃新しいMacを購入しようと思っていたのだが、Intel搭載Macが発売されるまで待つことにしたのだった。昨年暮れにDVDレコーダーを買ったため、今すぐ新型MACを買う経済的余裕はないので、ソフトの不具合などの情報が出揃うまで様子を見つつ、購入時期を見定めたい。なお今回のIntel社製プロセッサ搭載の経緯・事情について調べていたら、昨年6月の記事だがとても分かりやすいものを見つけたので、僕の個人的メモ代わりにここにリンクを貼っておく。(Intelに乗り換えるApple,「開発者の不安」と「Jobs氏の自信」

会社で毎日MACを使っているので、Windowsと比べるとどうしてもMACのほうが使い勝手が良いと感じてしまう。家で使う分にはWindowsのほうが断然使いやすいことは、頭では分かっているのだが。


ところで全然関係ない話だが、今日は久々に晩ごはんをつくった。といっても、僕が作れる料理のレパートリーは極めて少なく、手間のかからないありふれたものしか出来ない。本日のメインは豚の生姜焼き。下の写真は、豚のロース肉を焼く前に、下味をつけているところ。食べてみたら、なかなかに美味しく出来上がっていました。

b0011238_23282543.jpg

[PR]

血と骨

b0011238_0451967.jpg<映画>血と骨

2004年 日本
原作:梁石日(ヤン・ソギル)
監督:崔洋一
出演:ビートたけし/鈴木京香/田畑智子/オダギリジョー/松重豊/中村優子/唯野未歩子/濱田マリ/塩見三省/柏原収史/伊藤淳史/北村一輝/國村隼


1923年。一旗揚げることを夢見て祖国を後にし、済州島から大阪に渡ってきた金俊平。しかしそこで彼を待ちうけていたのは、差別と劣悪な労働条件だった。腕のいい蒲鉾職人でもあった俊平は、やがて自分の蒲鉾工場を立ち上げて成功するが、金銭へのあくなき執着から高利貸しへと転じていく。何度も直面するままならない境遇を、そのつど強靭な肉体と持ち前のずる賢さでたくましく生き抜く俊平だったが、その並外れた凶暴さと強欲さが、周囲の人々を不幸に陥れる。生涯誰にも心を開かず、凄まじいまでに孤独に生きた男が本当に望んだものは、何よりも家族という名の"血の絆"だった・・・。(シネマ トピックス オンライン

去年の夏に原作を読んで以来、ずっと観たいと思い続けていた映画「血と骨」をようやく観る事ができた。原作があまりにも傑作だったので、映画の出来栄えのほうも期待せずにはいられなかったのだが、果たして、崔洋一監督は期待を裏切ることなく、素晴らしい作品に仕立て上げてくれた。

映画のほうのストーリーは、原作に忠実につくられている訳ではなかったが、原作の持つ作品世界が損なわれることはなかった。映像美にも優れていて、昭和初期~中期の朝鮮長屋の雰囲気をリアルに感じ取ることが出来た。凶暴な主人公「金俊平」はビートたけしにもってこいの役柄だ。上に引用したストーリーを読んで興味を持った方は、ぜひ一度観てほしい。
[PR]

by BlueInTheFace | 2006-01-12 01:08 | 映画・TVなど

おめでとう野洲高校

高校サッカーの準決勝で、多々良学園が、テクニックを生かした攻撃力を持ち味とする野洲高校に負けてから、どうにも自分の中でテンションがあがらず、この3連休をマッタリしつくしてしまった。(ブログで書きたい事も色々とあったのだが、どうやらすっかり忘れてしまった。)ただ、野洲vs多々良の試合はとても白熱したもので、とくに後半、野洲が一点を獲った後の両チームの攻防には、お互いの勝ちたいという気持ちが凝縮されていて、僕は見ていて感動を覚えた。

その高校サッカーの決勝戦は、野洲高校が延長戦の末鹿児島実業を破って、見事初優勝を飾った。正直、多々良では鹿児島実業の総合力に歯が立たないと思っていたので、決勝に駒を進めたのが野洲高校だったのは、悔しいが本当に良かったと思う。期待通り、決勝戦は最高に面白い、高校No1を決めるに相応しい試合だった。サッカーの面白さが凝縮された110分間だった。おめでとう野洲高校。お疲れさま鹿児島実業。今大会を闘ったこの世代の中から、たくさんの日本代表が生まれるといいなぁ。

[PR]

初出勤(&高校サッカー)

昨年暮れから正月休みにかけて、ずーっと遅寝遅起きを繰り返していたので、本日の初出勤は久々に早起きしたためか、胃がむかついて気分の悪いスタートだった。ところがいざ会社に到着して皆に新年の挨拶を済ませると、段々と正月気分も抜けてきたような気がして、さぁ今年も一年頑張るぞと気合が入ったのだった。

新年早々で仕事も手薄だったので、会社のMACのキーボードを分解して、長年溜まった埃と汚れを隅々までふき取った。布切れでキーを一個一個丹念に磨き、それをボードにはめ込み終えると、すっかり綺麗になったキーボードがお目見えして、なんとも清々しい気分を味わうことができた。キーボードの掃除はやろうと思っても意外とやる機会がないものだが、いざ始めてみるとその作業が結構病みつきになる。皆さんも是非一度試してみてはどうだろう。

仕事が手薄だといいながら、結局仕事を終えたのは20時過ぎ。それから青物横丁駅近くの居酒屋でささやかな新年会が催された。美味しい牛すじ煮込みをたらふく食べて、家に着いたのは23時半。さぁ明日から正月気分を一新し、“日常モード”に切り替えなくては。といっても明後日からの3連休でまた“マッタリモード”に逆戻りしそうだが。

帰ってからネットで高校サッカーの結果を見て、嬉しい報告が目に飛び込んできた。去年の暮れに奥さんの実家のすぐ近くの多々良学園を見学してきたのだが、その多々良がベスト4進出(・∀・)キター! ベスト16で多々良学園が優勝候補の青森山田に奇跡の逆転勝利をおさめた瞬間から、もし準決勝にも勝つような事があったら、決勝戦は国立競技場に観戦しに行こうと決めていた。決勝の相手は順当に行けば鹿児島実業だろうが、胸を借りるつもりで精一杯闘ってほしい。いや決勝戦の心配をする前に、まずは準決勝だ。相手は滋賀県代表の野洲高校。多々良はミスを恐れない積極的なサッカーで、是非とも決勝の切符を勝ち取ってほしい。

[PR]