<   2005年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧


良いお年を

お久しぶりですミツです。
何かと忙しく更新が滞ってましたが、とりあえず一段落しました。
忙しいとはいいつつも、「ドラゴン桜」の再放送は全て見ましたが。
DVDレコーダーの接続も何とか済ませました。
これから、行く年に想いを馳せつつ、紅白でも見ながらマッタリしようかと。
では皆さま良いお年をお迎えください。。。

[PR]

世直し源さん<ヨシイエ童話>

世直し源さん<ヨシイエ童話>全3巻
業田良家
著/竹書房文庫/2005年12月7日 初版

b0011238_1047349.jpg
『世直し源さん』は1989年末から1991年末にかけて週刊誌「ヤングマガジン」(講談社)にて連載された作品。

無口だがケンカには強く弱者には優しいステテコ姿の源さん(本田源太郎/52歳)は、現職の内閣総理大臣。5人の妻を抱え、重婚の罪を背負っている男。閣議で「国会議員根性たたき直し法案」を提案し、国会演説で「国民のためになる独裁政治を行う」と宣言する。政界で孤立を深める源さんだが、彼の信念は少しも揺るがない・・・。

バブル時期の連載当時から15年が経ち、政治・経済の状況が当時とは随分違うものになってしまった現在に於いても、この物語の持つ普遍性は少しも揺るがない。それは、いつの世にも存在する「この国をもっと良くしたい」という想いを、「大人の童話」として描いているから。業田良家は、政治とりう堅苦しく説明過剰な話に陥りがちなテーマながら、簡潔で分かりやすく、笑いと感動を織り交ぜた爽やかな読み物に創りあげてくれた。一言で言えば、すごく良質なコメディ。そして、僕らに社会の様々なことを問題定義してくれる本でもある。

と、僕がこの本について色々語るよりも、次の文がこの作品の魅力を端的にあらわしていると思う。単行本の帯に掲載されていた、作家の岡田斗士夫氏による紹介コメント。。

現代日本人のための『クリスマス・キャロル』
政治評論家は言うだろう。
「ふうん、上手く政治知識を混ぜ込んでマンガに仕立てたね」と。
ベテランのマンガ読みは言うだろう。
「業田といえば『自虐の詩』で決まり!『世直し源さん』?政治パロディだっけ?」と。
騙されてはいけない。このマンガの価値はそんなもんじゃない。
『世直し源さん』は大人の寓話である。笑いと韜晦〔とうかい〕の中だけで、語られる真実とは・・・
利権と権力にすがりつくだけの政治家などいない、ということ。
社会的正義を訴えたいだけのジャーナリストもまたいない、ということ。
奇跡なんてないけど、ひとりの心を動かすことはできる。
そして世界は人の集合体であるから、できないことなんてないんだ、ということ。
寒い夜にこそ、政治を、そして人間を考えたい。『世直し源さん』、一気に読むことをオススメする!

[PR]

by BlueInTheFace | 2005-12-27 02:08 | 読書

ディープ・・・

記念すべき50回目を迎えた有馬記念が、クリスマスの今日、中山競馬場で行われた。注目は何といっても無敗の3冠馬ディープインパクト。手綱を握るのは天才武豊。もちろんディープインパクトは単勝1.3倍の断然一番人気。初対決となる古馬の強豪たちを相手に、ディープは自慢の末足を炸裂させることができたのだろうか。

結果は、最後の直線で鋭く抜け出した10番ハーツクライ(牡4)の勝利。やはりジャパンカップ2着の実績は大きかった。6番ディープは追い上げるも、1/2馬身届かず2着。3着にはこちらも前走ジャパンカップ組の14番リンカーンが入った。以下、4着コスモバルク(!)、5着コイントス(!!)の順。

今日のディープは馬体重が440kgで、前走の菊花賞時と比べてマイナス4kg。育ち盛りの3歳馬なのに、春と比べても全然体重が増えていないのが気になる。調教ミスか輸送の影響か。或いは早熟すぎたのだろうか(それは無いと信じたい)。今日はハーツクライに完敗だったが、来年は是非々々雪辱を果たしてもらいたものである。

で、僕も久々に馬券を買ったのですが・・

[PR]

すごい更新頻度(゜ー゜;A

何となく寝付けなくて、朝までしょこたん☆ぶろぐを読み耽ってしまった。
タレントなのに、ものすごい頻度で更新されてますけど・・・(゜ー゜;A

彼女には“ホンモノ”を感じる。しょこたん(*´ェ`*)カワユス!


・・・ゴホン。いや本当は、もっと健康的なイメージのタレントが好みなんだけど。。
しょこたんの場合は「健康的オタク」っていうことでw

[PR]

カレンダー

年の瀬も押し迫ってきた昨今、ご多聞にもれず僕も何かと忙しく、自分の時間が中々思うように作れない。家の中は散らかし放題。年賀状は書いて無い。DVDレコーダーを買いに行く暇も無い。そこで夜勤中の暇な時間を利用して、新年を迎える準備を少しでも進めてみようと試みた。「2006年度版ミツオリジナルカレンダー(A3)」を作成し、会社のプリンターをこっそり間借りして印刷。業務用のカラーレーザープリンタなので、家庭用のインクジェットプリンタに比べると、文字が格段に綺麗に印刷出来る。

b0011238_3533892.gif


単純極まりない、ありふれたレイアウトのカレンダーだが、結局はこういうのが一番見やすくて便利だと思う。

奥さんがフラワーアレンジメントのブライダルスタッフとして働いているので、大安・仏滅などの情報も入れて印刷した。あれって大安・赤口・先勝・友引・先負・仏滅・・・と順番に繰り返していくのに、月の終わりの方になると、順番どおりに並んでいないのは何故だろう。規則性が分からなかったので自動で流し込むこともできず、結構手間がかかる作業となったのだった。

出来上がりを手にしてみて。ふぅー満足満足 ^^
しかし考えてみれば、オリジナルのカレンダーなどを創って自己満足に浸っている場合ではない。肝心の掃除や年賀状の類いは、一向に手がつけられていない・・・。
[PR]

今季最終戦を終えて

寒風吹きすさぶ12月18日(日)の河川敷グラウンドにて、我が草サッカーチームの今季最終戦が行われた。相手が格下だったということもあり、サイドバックの僕も積極的に攻撃参加してクロスを何度か放り込むも、アシストはならず。シュートも2本打ったが、決まらず・・・。試合には勝利したが、残念ながら今季の僕の目標であった「1ゴール」を奪うことは出来なかった。

振り返ってみれば充実した今年の草サッカー生活だったが、やはり自分の未熟さに悔しい思いをしたことの方が多かった。しかし、かといって急に上手くなるわけでもなく、上達するためには練習を積み重ねるしかない。思うように個人練習の時間が作れるほど楽な生活ではないが、一応やるだけの事はやれた一年だったと思う。

試合後、チームは近くのスポーツセンターの会議室に移動して、簡単な軽食パーティ形式による個人タイトル発表会(アウォーズ)を行った。例年どおりであれば、居酒屋での忘年会にてタイトルを表彰するのだが、去年あたりからチームには高校生や大学生が在籍するようになり、特に高校生は忘年会には参加させられない為、今年からは忘年会とアウォーズを別に開催することにしたのだった。ちなみに、多数の若い新入りが入部してきた中で、30を超えてしかも初心者でチームに入ったのは、僕だけだ。

下手くそな僕にとって、チームの個人タイトルというものにはおよそ縁がないのは分かっていた。唯一の可能性は、チーム入団3年未満の選手に贈られる新人賞だけだったが、僕が新人賞を受賞する事はあり得ないのもまた分かりきった事だった。しかしチームは新人賞とは別に、「新人特別賞」というオマケの賞を、僕と2名の高校生、計3人にくれたのだった。成績云々ではなく、努力を評価してくれたというわけだ。

さらに驚いたことに、MIP(最も印象に残るプレーヤー)賞を貰ったのは、なんと僕だった!あまりにもビックリしたので、受賞の理由が何であったか殆んど覚えていない(苦笑)。だが僕はこの賞の意味を、次のように受け止めることにした。「来年もチームの一員として一緒に練習・試合に励み、実りある楽しい1年にしよう」という仲間からのメッセージだ。この賞はとても励みなった。来年も(体を壊さない程度に)頑張っていこうと思った。

b0011238_19434889.jpg

MIP賞の景品は、FCバルセロナのパーカーでした。紺の地に金のエンブレムが入ったやつ。\(゜▽゜=)/ヒャッホー!
[PR]

シドニーFC対アルアハリ

サッカーの世界クラブ選手権5・6位決定戦は、シドニーFCが2対1でアルアハリを退け、カズにとって最終戦となるシドニーFCでの戦いは有終の美を迎えた。残念ながらカズにゴールは生まれなかったが、試合終了後にはチームメイトから肩車されたカズが、少し照れくさそうに観客に手を振っているのを見て、何だかジーンと来た。そして格好イイなぁと思った。

ところで、2-1でシドニーFCがリードしていたこの試合の終了間際に、シドニーFCのリトバルスキー監督は、背番号9番ズドリリッチをピッチに投入しようとしたのだが、その彼との交替を告げるボードに表示された番号は、11番(カズ)だった。その時、国立競技場の観客から、一斉にブーイングが巻き起こった。残りは数分しかなかったが、誰もがカズのゴールを熱望していたのだ。するとリティは、カズとの交替を取り消し、22番ペトロフスキーをOUTさせたのだった。TVの解説者および試合後のリティのコメントによると、ペトロフスキーはカズが入団する前に背番号11をつけていた選手なので、リティはペトロフスキーを交替させるつもりで間違えて「11番」を指名してしまったという事だった。

しかし、リティが交替を間違えたという話は作り話なのではないかと、僕は思っている。リティは間違えたのではなく、確信を持ってカズを下げようとしたのではないだろうか。

後半残りわずかの時間帯で、シドニーFCがリードしていて、試合の流れ的にも2-1で逃げ切りをもくろむ展開。ここでリティは交替要員をスタンバイさせる。これを見た僕は、間違いなく交代選手はカズだと思った。案の定、リティは満を持して日本の英雄カズに交替を促したので、僕は「やった!」と思った。それは、サッカーの試合という“劇場”の最中おいて、選手と観客が互いに拍手を交わすことのできる、唯一の時間。ヒーローだけが味わうことのできる至福の時。つまりリティは、カズに最高の花道をプレゼントしようとしたのだ(しかも時間稼ぎも存分に出来る)。

しかし、思いもよらず観客からブーイングが起きてしまった為に、リティは交代選手を急遽カズからペトロフスキーに変えるという、粋な計らいをしてみせた。そして、自らは「あれは間違い」と言ってとぼけてみせる。僕も、カズのゴールが見たくてたまらなかった一人なので、交替してしまうのは残念ではあるのだが、しかしそれでも、リティが示してくれたカズへの配慮には、心温まるものを感じたのだった。ありがとうリティ。そしてお疲れ様、カズ。最終戦も、とてもいい試合を魅せてくれました。

と、ここまで書いておきながら、実はリティは本当に間違えただけだったりして・・・(*゜ー゜)>

[PR]

by BlueInTheFace | 2005-12-17 01:01 | サッカー

チャンピオンズ・リーグの組み合わせ決定

欧州チャンピオンズ・リーグ、決勝トーナメント1回戦の組み合わせが発表されました。

<第1戦> 2006年2月21日・22日

チェルシー(イングランド) - バルセロナ(スペイン)
レアル・マドリー(スペイン) - アーセナル(イングランド)
ブレーメン(ドイツ) - ユベントス(イタリア)
バイエルン・ミュンヘン(ドイツ) - ミラン(イタリア)
PSV(オランダ) - リヨン(フランス)
アヤックス(オランダ) - インテル(イタリア)
ベンフィカ(ポルトガル) - リバプール(イングランド)
レンジャーズ(スコットランド) - ビジャレアル(スペイン)

<第2戦> 2006年3月7日・8日

バルセロナ(スペイン) - チェルシー(イングランド)
アーセナル(イングランド) - レアル・マドリー(スペイン)
ユベントス(イタリア) - ブレーメン(ドイツ)
ミラン(イタリア) - バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
リヨン(フランス) - PSV(オランダ)
インテル(イタリア) - アヤックス(オランダ)
リバプール(イングランド) - ベンフィカ(ポルトガル)
ビジャレアル(スペイン) - レンジャーズ(スコットランド)


因縁の対決。バルサとチェルシーが、昨年と同様決勝T1回戦で激突!
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!!
いや~本当はもっと先の方、準決勝か決勝で対戦するのをみたかったのだが・・・

クライフ対モウリーニョによる激論のバトルにも(参照)、この試合で決着がつきそうだ。

ううぅ・・来年の2月が待ち遠しい♪
[PR]

by BlueInTheFace | 2005-12-17 00:09 | サッカー

欲しかったもの

今週の日曜日に、「スポーツプロショップ B&D」上野店に行ってお買い物をしてきました(正確に言うと、買い物に行って伯母にお金を出してもらいました)。B&Dは、サッカー関連商品を中心に、色々なジャンルのスポーツ用品を豊富に取り揃えている店。バルセロナのレプリカシャツを見つけた時には思わず買ってしまいそうになったが、この日の目的はゲームシャツではなかったので、しぶしぶ諦めた。

買ってもらったのはベンチコート。メーカーはプーマで色は黒。膝までスッポリ隠してくれる優れ物。これ、メチャぬくいです!

b0011238_0442268.jpg

これで、草サッカーの試合中に、ベンチを温めていても風邪をひくことはない。
[PR]

シドニーFC対デポルティボ・サプリサ

我等がKINGカズ率いる(率いてない?)シドニーFCの初戦とあっては、見ないわけにはいきますまい。ビデオに録画して、先ほど見終わりました。

シドニーFC 0-1 デポルティボ・サプリサ

シドニーFC対リヴァプールの試合が見られなくなって、残念ではある。しかし、試合としてはとても面白いものだった。上川主審の裁きも良かった。シドニーFCのゴールキーパーが、ファインセーブでサプリサの決定的場面を2、3回防ぎ、追加点を許さなかった事で、最後まで面白い試合にさせてくれた。両者とも、勝ちたいという気持ちが前面に現れた好勝負だった。

そして、解説の藤田俊哉も言っていたが、カズの偉大さを改めて感じた試合でもあった。90分間このピッチに立っていただけでも凄いことだと思う。試合を見ていた僕は、終了間際の攻防を見ているうちに、勝ち負けを超えた深い感動を覚えた。試合自体の面白さもさることながら、やはりこの感動は、カズの存在抜きには語れない。


それにしても、世界は広い。デポルティボ・サプリサが、こんなにレベルが高いとは思わなかった。しっかり守ってリズムを作り、浅いDFラインの裏を破る一本のロングフィードで先制してからは、高い守備技術を誇る選手たちが、シドニーFCを決して自由にさせなかった。シドニーFCの右サイドは、サプリサの左SBを相手に完全に一対一で負けていて、クロスも突破も出来ない有り様だった。サプリサはリヴァプールにもこの闘い方を貫くことができれば、案外好勝負になるやも知れない・・・。

[PR]

by BlueInTheFace | 2005-12-13 01:43 | サッカー