ただの愚痴ですが

昨日の夜、知人の女性トラック運転手が警察の検問に引っ掛かって違反切符をきられた。どのような違反を彼女が犯してしまったのか、以下簡単に状況説明したい。

首都高速、四ツ木出口付近(おそらく水戸街道四ツ木橋付近)で夜11時頃、検問の網を張っていた警察に誘導された彼女は「わたし、何か呼ばれるような事したかしら・・・」と不安に駆られながら車両を道路端に寄せて行った。警察が近寄って来たので窓を開けると、「おたく今、一時停止の道路標識、無視したでしょ」と言われて、彼女はビックリしたのだった。

と言うのも、その一時停止の道路標識は、警察が誘導を開始してから、彼女が車両を端に寄せるまでの、その僅かな区間に設けられていたものだったからだ。

呼び止められ、プチパニックに陥っていた彼女が、その一時停止の道路標識をうっかり見逃してしまっても、仕方がない・・・ように僕には思えるのだが、どうだろうか?彼女もその理不尽さに憤満やるかたない思いだったらしいが、言ってもどうにもならないと思い、ぐっと怒りを堪えたという。

警察の交通安全課の皆様、確かに彼女は違反を犯したが、時々あなた達のやり方にどうしようも無い詐欺っぽさを感じる時があるんですよ。その手の話を聞く度に「そんなに金が欲しいのか」とも思ってしまう。車に乗って、明らかに悪意を持って違反してる人は他にたくさんいると思うので、取り締まり方法に何らかの改善を施して欲しい。

因みに、僕の母親も十年程前に、全く同様のケースで違反切符を切られている。両者共女性である事は、はたしてただの偶然だろうか(僕の周りの男性で同様のケースの話を聞いた事が無いので)。今も昔も、警察のやり方には大した進歩が無い。

[PR]