温泉へ行こう

11月10日(水)21:00放送、TBS「温泉へ行こうスペシャル~世界で一番長い24時間~」のビデオ獲り溜め分を見た。

この「温泉へ行こう」シリーズ、現在すでにパート4まで終了していて、11月29日からはパート5がスタートする、昼の連ドラ「TBS愛の劇場」の人気作品。今回は新シリーズの番宣もかねて、ついにゴールデン帯での放送決定キタ━━(゚∀゚)━━!!!!!!

ドラマは、主人公で女将の薫(加藤貴子)を中心に職場である温泉旅館での様々な出来事や人間模様を描いている、ドタバタコメディー。出演は、薫(加藤貴子)の他に、伯母の由希乃(藤村志保)、支配人の健司(田中実)、そして元気で変わり者ぞろいの仲居軍団(あめくみちこ矢部美穂山下裕子田中千代)が脇を固める。

今回のスペシャルでは、薫たち御一行が社員旅行を兼ねて、一流温泉旅館「月島」へ泊まりに行き、そのおもてなしを勉強しようとする。だが、いざ着いてみると、月島は大女将の美津子(加藤治子)以外に従業員は誰もいない。美津子は自分一人でも皆をもてなすというのだが、言ってるそばから客がわんさか来て、てんてこ舞い。どうやら何か事情があるようだが・・・。そこでお節介大好きな薫が、美津子のお手伝いをしようと皆に提案。薫が一日だけ「月島」の若女将になる、という内容。

スペシャルだけあって、キャストも豪華だった。月島に借金返済を迫る取立て屋に西村雅彦、大女将と喧嘩して出て行ってしまった月島の若女将に純名りさ、温泉を心待ちにしてやってきた大家族のお父さんに小倉久寛、美人レースクイーン3人を引き連れてやってきたディレクター(?)の先生にデビット伊藤、目が不自由になり現役を引退した大手チェーン会社の会長に長門裕之


ここでも、西村雅彦はいい味だしてたなぁ。僕的にはトム・ハンクスの演技とかぶるところがあるが、どちらも天才には間違いない。(いや、トム・ハンクスを脇役にするのはちょっと無理があるか?・・・西村雅彦は、脇役もさらりとこなしてしまうところがまた天才なのだろう。)また、デビット伊藤が意外といい演技をしているのにも驚いた(セリフは少なめだったが)。

加藤貴子は、この温泉シリーズで初めて拝見したせいもあるが、女将の薫役がピッタリはまってる気がする。女将役という事で、着物姿で髪をあげているのに見慣れていて、CMなどで髪をおろした彼女をみると違和感を覚えてしまう程だ。元アイドルという事だが、若い(?)のに演技もうまい。

最近の温泉シリーズにはあまり出てこないが、薫の元婚約者役の神保悟志もスペシャルには登場。若い頃は随分と苦労したという神保悟志だが、ヘルシア緑茶のCMなど、最近はTVの露出も増えてきて何よりだ。(ちなみにこの温泉シリーズに出演したのがきっかけで、共演した女優の三沢玲子さんと結婚。)


コテコテのお約束なドタバタが基本だが、いつも最後はホロリとさせてくれる人情ドラマ。薫のポジティブな思考回路が僕ら視聴者を元気付けてくれる。29日から新シリーズが始まり、僕はまた昼間ビデオを予約→夜帰ってから見る、を毎日繰り返す生活になるのだろう(これ結構大変)。それにしても、この主婦向けドラマにここまで嵌っている男性ファンって、どの位いるのか・・・?

近所のおばちゃんにTB
おれはジャイアンガキ大将にTB

[PR]

by BlueInTheFace | 2004-11-14 17:57 | 映画・TVなど