温泉へGo!

9月1日スタートのTBS系列の昼ドラマと言えば、皆さんご存知「愛の劇場 温泉へGo!」で間違いない。前作「温泉へ行こう5」から3年半の月日を経て、タイトルも新たに新シリーズがスタートだ。(「温泉へ行こう5」最終回の感動を書いた3年半前の僕の記事はこちら

初回から5話分を撮りダメして一挙に見たが、前作と同様やはり面白い。今後の展開にかなり期待が持てる内容だ。ヒロインの椎名薫(加藤貴子)以外はキャスト総とっかえだが、女将役の池内淳子を筆頭に、今回も味のあるキャラが脇を固める。二人の男(大鶴義丹/岡田浩暉)に挟まれるヒロインという図式も今までどおりだ。前作のメンバーの誰かしら(のぶえさんあたり)が、今後客か何かで登場してドタバタを演じるのもほぼ間違いない。さらに、主題歌を歌うのが、「1m以内に近づくと妊娠する」という異名を持つ「Skoop On Somebody」なのも絶妙だ。

ところで、前のクルーで放送していた「愛の劇場 大好き!五つ子Go Go!!」も、僕はしっかり堪能させてもらった。この手のドラマは、見るともなく見ているうちに、いつの間にか引きずり込まれてしまう。話は単純だけど、逆にそれが新鮮ですらあるから不思議だ。あぁワンセグ携帯が欲しいと思う今日この頃。昼の30分ドラマを見るのに、通勤途中のワンセグほど都合の良いものはない。

[PR]

by BlueInTheFace | 2008-09-09 02:04 | 映画・TVなど