外で遊ぶ

昨日の午後からのフットサル、まじ暑かったす。今年一番の暑さだった気がします。2、3分パス練習しただけなのに、強烈な日射しと湿度でサウナにいるような息苦しさに襲われました。しかも水をがぶ飲みするものだから体が重くて重くて。なので試合中はあまり動かなかった。そしたら逆にいつもより活躍できました。そうか、僕はいままでチョコマカ動きすぎていたのか(ていうか動き出しのタイミングの問題ですよね)。

こんなうだるような暑さではあるけど、僕は時間が許せば極力、子どもたちを公園に連れてって遊ばせてます。芝生に放置するだけなのですが、暑さも忘れて楽しそうに遊んでますよ。でも、熱中症の危険があるため、早々に帰らなければならないのが残念なのです。

こう書くと、あたかも「子どもたちの良き遊び相手になってあげている優しい素敵なミツさん」であるかのように錯覚するかもしれません。

ところが、元来僕はアウトドア派、というか長時間家に閉じ籠っていられないタチです。つまり僕は良き父親を演じているようで、実はただ単に、僕の遊びに子どもたちを付き合わせている、ただそれだけの事なのです。上の文句の「優しい」より以前はデタラメです。

さて、今日の天気予報によると、暑さの峠は越えたかもしれないとの事。よし、これから徐々に、もっと長い時間外で遊べるようになるぞ。わーい(しかし、途中でくたばるのはいつも僕の方)

[PR]