危険な運転

今日の夕方、会社の前の道路で、危険な乗用車が走り行くのを見た。それは白くて大きなワンボックスカーで、運転していたのは、車の大きさにそぐわない小柄な30代の女性だった。

彼女は運転中であるにもかかわらず、3~4歳とおぼしき男の子を自分の膝の上に乗せていた。男の子の頭はハンドルの高さの位置にあり、運転席から見える前方の景色を喰い入るように眺めていた。

そこのママさん、その行為は危険すぎると僕ぁ思うよ。死んでもしらんよ。少なくとも、子どもの為になる行為でないのは確かだ。僕はこの母親が、今流行りの、モンスター・ペアレンツという人種のような気がしてならない。自分たちさえ良ければそれでいいという・・・。怖いね。

[PR]