パパになりました

2007年4月26日午後2時、妻が2人の男児を帝王切開で出産しました。今のところ、母子ともに健康です。第一子が2,280g、第二子が2,100gでした。二卵性ですが、二人の顔はそっくりです。

僕は二日前に突如風邪をひいてしまうという間の悪さで、風邪はほぼ治ったものの、万一を考慮して出産現場に立ち会うのは控えました。分娩室のガラス窓の向こうから、満面の笑みを浮かべた医師が赤ちゃんを抱きかかえて現れ、外で待機する僕に見せてくれたのが、我が子との初めてのご対面でした。

ガラス窓の向こうからはっきりと聞こえてくる二人分の元気な泣き声を聞いて、僕は大きな感動に包まれるとともに、新しい無垢な命に対する畏怖のようなものを感じました。間もなく保育器に入れられた赤ちゃんを、僕は不思議な感覚に包まれながら、まじまじと眺め続けていました。医師や助産婦さんたちが、口を揃えて「二人ともパパにそっくり!」と言っているのを聞き、僕はだんだん「言われてみれば似ているかもしれない」と思えてきました。

ほどなくして、妻が分娩室から運び出されてきました。僕が「おつかれさん、よく頑張ったね」と耳元で声をかけると、妻は小さく頷きました。涙の跡が残るその顔には、手術後の緊張もまだ残っていましたが、達成感に包まれた素晴らしい表情をしていました。子どもが欲しいと願い続け、その為の努力を惜しまなかった彼女の想いは、今日、ついに報われたのでした。

東京で生活する娘を一番心配しているのは、いつも義母でした。義母はGW明けから一ヶ月間、赤ちゃんの世話をする為に上京する予定です。妻に代わって、僕が山口で待つ義母に電話で報告をすると、義母は受話器の向こうで涙を流しながら「ありがとう」と僕に言いました。この瞬間、僕ははっきりと自覚しました。僕は今日、父親になったのだということを。

ブログを通して心配して下さった方々にも、この場を借りて感謝したいです。どうもありがとう。これから色々大変である事は重々承知しつつも、とりあえずは、母子ともに健康であった事を喜びたいと思います。そして・・・ようこそ天使たち。君たち二人は望まれてこの世に生を受けたんだよ。だから何も心配はいらない。これから始まる長い人生を、思う存分謳歌してください。どうか二人が、人生を素晴らしいものだと思うことができますように。

[PR]