北朝鮮対日本

アジア大会男子サッカー二次リーグ 北朝鮮対日本。

仕事で遅くなり、前半30分頃よりTV観戦開始。僕が見始めた時は、日本がテンポの良いパス回しで次々と攻撃を仕掛けていたので、おいおい北朝鮮はオーバーエイジまで使ってるのにだらしがないなぁ、なんて感じで呑気に観戦してた。ところが終わってみれば…。

後半開始早々から北朝鮮に押されまくっていた日本は、自らのミスも手伝って北朝鮮の勢いを跳ね返す事が出来ず、痛恨の失点。その後、日本はワンタッチの軽快なパス回しで北朝鮮陣内に攻め入るものの、なかなかシュートを打たせてもらえずジ・エンド。北朝鮮は決勝トーナメント進出を決め、日本は二次リーグ敗退という屈辱の結果に終わった。

「巧さ」では日本が勝っていたけど、でもそれだけだった。北朝鮮は個人個人が常に「仕掛け」を意識していたのに対し、日本は「巧くやろう」としすぎていた。反町ジャパンにとっては、学ぶものの実に多い敗戦だったように思う。


*バルサ対ブレーメンの結果を知りたくないので携帯から失礼しました。

[PR]