プロジェクトチーム

最近、電車内で考え事に耽っている事が多い。考え事というよりも、常にアンテナが立っている集中した状態に近い。時々僕はアンテナを立てたまま、いつの間にか疲れてぐっすり眠りについてしまう(或いは、こうしてブログの記事を書いていたりする)。

僕を含めた30代数名によるプロジェクト・チームが会社内で発足されたのは、今からもう2ヵ月も前の話になる。会社としてこの先新しい方向性を打ちだしていきたいと考えている社長が、新事業の原案作成を、重役たちにではなく若い僕らに依頼したのだ。

現在は週に一度ミーティングの場を儲け、メンバー同士意見を擦り合わせながら、無い知恵をあれこれ絞っている真っ最中。メンバー間で意見のやりとりをしていると、一人で考えたのでは思いも浮かばない発想が次々と浮かんでくるのが面白い。

最終的にチームとして会社側に提出する案を、採用するかどうか決めるのは社長を筆頭とする上役たち。だから、少なくとも僕にはさほどプレッシャーはない。もちろん素晴らしい企画を打ち出せるように最善は尽くす。なかなか普段出来ない貴重な体験だと思うので、煮詰まれば煮詰まるほど、楽しむ事を忘れない少年のような心(笑)が大切になると思った。

[PR]