ひじき感激

最近奥さんの山口県の実家から我が家に定期的に食料が送られてくる。大きなダンボール一杯に詰められた食料品の大半は野菜で、そのほとんどは自宅の畑で採れたものだ。身重の為買い物に行くのもしんどい奥さんにとってはなにより有り難い贈り物だろう。その恩恵に与って、僕も毎日美味しい野菜をたらふく頂いている。ただ、とにかくサツマイモが大量にあるので、しばらくは毎日サツマイモづくしの食卓となってしまいそうだ(多分そのうち飽きるw)。

ところで最近驚いたのは、山口から送られてきたひじきと油揚げを使って、奥さんに作ってもらった煮物を食したところ、それがとにかく美味しかったことだ。奥さんは以前と同じ調理法で煮付けているのに、送られてきた「山口県産」のひじきと油揚げを使用しただけで、今までよりも格段にレベルアップしている。こんなにひじきが美味しいと思ったことは未だかつて無かった。多分いままで食べていたひじきは外国産の養殖物だったのだろう。僕の中では脇役の存在でしかなかったひじきが、一気に主役に踊り出た。


※「ひじき」でググったら一番最初に出てきたのがこの「ひじき講座」。ひじきの産地、ひじきの種類、ひじきの栄養など幅広くひじきの知識をまとめたひじきづくしの講座です。「昆布講座」のリンクもあり。

[PR]