クリーンネス

今日は久々に予定のない休日。東京は厳しい残暑に見舞われている。

朝起きて、たまには部屋を掃除でもするかと思いたち、一服しながら散らかし放題の部屋を見渡して「さて、どこから手をつけたものか・・・」と思案していたら、玄関のチャイムがピンポンと鳴った。ドアホンの前には見慣れぬ少年が立っていた。

彼は民間福祉支援団体「野の花会」の活動を支えるスタッフの一人だった。信用できそうな少年だったので話を聞いてみると、「野の花会」は、訪問販売等で得た収益金を、障害者への支援やボランティア活動の資金に充てているのだと言う。

少年が持っていた商品は「クリーンネス」という科学フキンだった。

b0011238_1012504.jpg「クリーンネスは天然素材超極細繊維でつくられ洗剤のいらない、環境にとてもやさしい科学フキンです。水だけでひどい汚れも落ち、どこでも、何回でも使えるとてもお得な商品です。」(野の花会HPの商品紹介ページより抜粋)

今まさに掃除を始めようかというその時、ドンピシャなタイミングでフキンを売りに来た少年。土曜の午前中なら、他の曜日と比べて掃除用品が売れやすいという事だろうか。野の花会の“したたかな戦略”に感心しつつ、僕は三枚1パックで2,000円の商品を一つ購入することにした。

さて、今日はこれから、飽きるまで掃除するぞ(笑)

[PR]