鹿野氏と元春の対談

7月23日放送のTOKYO FM「discord」という番組内にて、鹿野淳氏と佐野元春の対談が行われたのだが、その模様が早速Web上にてテキストで公開された(情報提供のdaisymoonさん、サンクスです)。長文だが、佐野ファンにとっては内容のびっしり詰まった対談となっているので、興味のある人は是非読んで欲しい(対談はこちら!)。

「『みんなはどう感じているんだろう?』と、その時代に生きてる僕以外の人達の視点、あるいは彼らの見方・感じ方を想像して書いたほうが客観的な曲になるんじゃないかといつも思ってるんですね。だから言ってみれば、映画監督の視点と同じじゃないかと思います。」

「聴いてくれたリスナーがその歌を自分のものにしてくれて、そしてまた他の人にその歌を聴いた経験を伝えて行けるような、そういう懐の深い詞を書いてみたい。」

「凄く過剰なものに対して、僕はいつも疑いの目を向けてしまうクセがあるんですね。どんなことに対しても、過剰なものに対する疑いがある。」


対談からほんの少し引用した部分を読むだけでも、元春がとてもロマンチストで、その一方で、優れたバランス感覚を持ち合わせている事がよく分かる。

番組の内容及び鹿野氏のプロフィールについては、「discord」Official site を参照。ちなみにこのオフィシャルサイトのトップページからは、鹿野淳氏と元フライング・キッズ浜崎貴司氏の対談ページへもジャンプできる。この対談は「nakata.net cafe」内特設ブースにて行われ、6月4日にOAされたもの。ロックとサッカーについて熱く語る二人の様子が、文章からもひしひしと伝わってくる内容だ。


※7月30日(日)午後4時より、TOKYO FM 福山雅治の「SUZUKI Talking FM」に元春が登場とのこと。これは聞き逃せない・・・!
[PR]

by BlueInTheFace | 2006-07-26 04:40 | 音楽