笑って許して

今夜日本代表はドイツとの親善試合。日本が、どんなバランスとチーム戦略で強豪国を相手に対峙するのか、その戦い形の片鱗がようやく僕たちにも明らかにされる。もし日本がドイツと接戦を演じ、しかも得点を奪うことが出来れば、日本は大きな自信を得ることができる。

得点を決めて波に乗れそうなのは日本代表だけではない。一昨日の草サッカー。僕はもう少しでゴール出来そうだった。僕は味方FW(高校生)のドリブルが少し大きくなったのを見逃さず、味方からそのボールをかっさらうや否やそのままシュートした。しかしデブのくせにやたらと反応の早い相手キーパーによって防がれてしまった。ボールをかっさらわれた高校生FWは、僕を笑って許してくれた。

今日僕は仕事が早く終わってもう帰宅しているので、さっさと寝る支度を整え、早起きしてリアルタイムのテレビ観戦を決め込もう。唯一気掛かりなのは会社の部長だ。帰りがけ、部長が飲みに行きたそうだったのだが、僕が「悪いけど今日は帰ります」と告げると、ちょっと淋しそうにお疲れさんと言った。笑って許してね部長殿。今度必ず時間を見つけてお付き合いいたしますから・・・

[PR]