仕事の合間に

僕の勤める会社には、夜勤制度がある。深夜にも幾らか人数をあてがい、遅い入稿に備えるというわけだ。しかし必要以上に人件費をかけたくない会社側の都合、夜勤はギリギリの少人数体制だ。

それで僕の部署の、夜勤にあてがわれる人数は1人。トラブル等が起きても対応可能な5人のメンバーが、1週間ずつのローテーションで夜勤をしなければならない。今週は、僕の番。今日が終われば、1週間の夜勤生活から解放される。

1人気楽に仕事が出来ていいなと、思う人がいるかも知れないが、僕はダメ。まず1人だと怠ける。日中なら、一緒に働く仲間が頑張っているのを見て、僕もやらなきゃと自らを奮い立たせる事が出来るが、1人だと誰にも見られてないので、つい一服してしまう。
(という事で、今週は一日の喫煙が7~8本に増えてしまった<(T0T)>)

それにもう若くはないので、体のリズムが狂うとなかなか元に戻らない。体が疲れていると、ポジティブな発想ができなくなる。こんな時は人との会話が、僕にとってはストレス発散の特効薬なのだが、夜中心の生活だとなかなかそうはいかないのだ。

b0011238_18544665.jpg昨日の夜は気晴らしに、ブックカバーを作った。カラープリンタで、薄いコート紙に印刷したもの。仕事の合間に、1分程の超短時間で作った、なんの工夫もない簡単なカバーだが、意外と良かったので本に装着してみた。それまでは本屋でつけてもらったカバーをしていたのだが、鞄に入れて持ち運びしている間に、何故だかズタボロになってしまい、電車の中で恥ずかしい思いをしていたのだった。

ではこれより会社に行ってきます。後輩たちよ、僕が行くまでに、ちゃんと自分の仕事は片付けておくんだぞー!

[PR]