そろそろ始動するか

ここ2~3日、体に溜まった疲れが抜けてくれないのか、なかなか活発になれない自分がいる。うだるような残暑にも辟易としている。夜勤明けの週は午後出勤なのだが、何故か朝は妙に早く目覚めてしまい、かといって何をするでもなく、先日奥さんが大人買いした、あだち充の『H2』(あいにくまだ全部は揃っていない)を読み耽っている。

この『H2』に、最初僕は拒否反応を示していた。いい大人が、今さら「学園青春スポーツラブコメ漫画」(?)なんかに熱中するはずもない。僕はそういったジャンルの漫画はもう卒業したのだと思い込んでいた。しかし実際読み始めると、その面白さはとどまる事を知らず、懐かしい「あだち充ワールド」にぐいぐい引き込まれている自分がいたのだ。さすが一時代を作った漫画家の作品だけはある。いや寧ろ、そのクールな作品世界が醸し出す独特のテンポには、さらに磨きが掛けられていて、表現力に深みが増しているようだ。

さて、そろそろマッタリモードからは脱出して、エンジンのギアを徐々に上げることにしよう。シフト1:不精髭を剃る。シフト2:干した後床に放り投げたままの、大量の洗濯物をたたむ。シフト3:公園に行き、ボールを使った簡単な基礎トレーニング。

僕のシフトギアは10段階まである、高性能のターボエンジン。躁病の人も真っ青なほどの、シフト10アクセル全開の僕を、実際に皆さんの前に披露することが出来ないのが残念だ^^

[PR]