夏の垢を落とす

久々に仕事を定時で終え、しかし何処へ行くでもなく特に用事も無かった僕は、ちょっと一服してから帰ろうと、会社近くの喫茶店に一人立ち寄り、ブラックのホットコーヒーを飲みながら文庫本を読み耽っていた。

その喫茶店は冷房が効きすぎていたため長居できず、早々に帰宅することとなったのだが、帰りの電車の中でふと思い立ち、地元の駅近くのドラッグストアで、水仕事用のビニール手袋と、柄のついたブラシ、そして風呂釜掃除用の洗浄剤を買ってきた。そう、今日は徹底的に風呂掃除をしようと決めたのだ。

家に着くと、すぐさま残り湯に風呂釜洗浄剤の粉末を入れ、追い焚きをし、配管を洗浄する。そして手袋をはめ、顔には花粉症用のマスクを装着し、いざ大掃除へと立ち向かった。追い焚きが終わった後、浴槽を囲うプラスチックのカバーを取り外し、こびり付いた水垢を洗い流す。その他、外せるカバー等は全て取り外し、普段はなかなか掃除できない隠れた部分を、徹底的に洗浄したのだった。

夏の間にこびり付いた垢を、全て洗い流してすっきりした。もう明日から9月。最近の夜は少し涼しくなってきて、だんだんと秋の気配が迫ってくるのが感じられる。風呂が恋しくなる季節も、もうすぐ訪れる。

[PR]