付き合い

職場の同じフロアの人たちと飲み会に行ってきた(最近、飲みに行ってばかりのような気がする)。

シフト制の勤務体系の為、職場の全員が揃って定時で終われるのは、暮れと正月のみ。お盆の土曜日の今日も、出社した全員が揃って定時で終われる滅多にないチャンスだったので、雷の鳴る空を避けるように、急いで繁華街まで繰り出したわけだ。

普段はひとたび仕事が始まると、皆MACに向かって黙々と作業してしまうので、いつも一緒にいるとはいえ、仕事以外では中々交流を図ることができずにいる。年輩の人や若い人が一つのテーブルに向かい合って、どうでもいい会話で盛り上がるということも、やはり時には必要だろう。いわゆる「付き合い」というやつだ。

今日の「付き合い」の場所は、たまたま入った居酒屋だったのだが、おいしい料理に恵まれて、中々に楽しい酒の席となった。が、他愛のない会話に終始してしまった感もある。同じ職場で働く仲間どうしなのだから、本当はもう少し、仕事のことについて忌憚のない意見が交換できればなお良かった。数人で飲むならまだしも、大勢だとなかなか突っ込んだ話はしにくいだろうが。

ともあれ、久々の仲間との飲み会で気持ちよくなった僕らが店の外に出てみると、いつの間にか雷雨は止んだみたいで、心地よい風が火照った身体を通り抜けていくのだった。さて、あと1週間もしないうちに、僕のお盆休みがいよいよ始まる。9月以降の本格的な忙しさを前に、心身ともに、少しばかり充電をするとしよう。また皆とお付き合いができるのも、しばらく先の話になりそうだから。

[PR]