外国人もびっくり

昨日は隅田川花火大会で、浅草で遅くまで飲んでいた。近くで響く花火の衝撃が心地いい。相変わらず凄い人出で、浅草に向かう電車の中からして既に朝の通勤ラッシュ以上の混雑ぶりだった。僕の後ろに立っていた二人の女の子が東北訛りで「東京っですごいね、人ばっがりだねー」と言って半ば呆れていたが、普段はここまで混雑してませんから、と僕は教えてあげたくなるのだった。外国人も大勢見物に来ていた。外国にだって花火はあるだろうに、何か珍しいものでも見ているようだった。この人波に驚いていたのだろうか。それとも日本の女性の浴衣姿にうっとりしていたのだろうか。ちなみに僕は飲んで喋るのに忙しくて、あまり花火を見る余裕が無かった!

今日の草サッカーは、府中市にある府中の森公園まで遠征してのアウェイゲームだった。アウェイの重圧にさらされながらも(そんなものは皆無だったが)、我がチームは4-1で勝利。まったくうちのチームの堅実さと気合を、今日の日本代表にも叩き込んでやりたいと思った。

僕らが試合をしている横で、女子サッカーチームが練習をしていた。おそらく大学生と思われる。パス交換やシュート練習をしている彼女たちを見て、基礎がしっかりしていて上手いなぁと、僕たちは関心するばかりなのだった。そして僕たちは試合が終わってもダラダラしてなかなか帰らず、うっかり彼女たちの試合を見学し、最後は大声を張り上げて応援してしまう始末だった。まったくタチの悪いオッサン連中だなと、彼女たちは思ったに違いない。さてさて、この中から未来のなでしこジャパンは出てくるのかな・・・。明日のなでしこジャパンには、今日の甲斐性ないジーコジャパンの分まで、がんばってもらいたいものだ。

[PR]