男の料理

今週は奥さんの仕事が忙しく、帰りが遅い。で、僕の方は早く帰れるローテーションの週なので、こんな時は炊事をしたりするのだ!

よく、家事をやってくれる旦那さんが羨ましい、とか言われるけど、僕だってタマにしかやらないので、毎日やってる奥様方の苦労にくらべれば大したことはない。休日もなかなか二人の時間が取れず、家族サービスが出来ない事が多いので、まぁせめて料理くらいは作ってあげるかと・・・。とは言っても、男の料理なんてかなり大雑把。

昨日のメインは、鳥のモモ肉を買ってきて、チキン・ステーキ。塩・胡椒とオリーブオイルで焼いて、バジルをまぶし、醤油を少し垂らしただけ!スパゲッティをゆでて横に添えた(これなら、肉汁が染み出たオリーブオイルとバジルを絡めれば、そのまま美味しくいただける)。

今日のメインは回鍋肉(ホイコーロウ)。先程近所のスーパーで買い物を済ませてきたのだが、キャベツ丸ごと1個買うのは高いので、1/2カットか1/4カットのどちらにしようか迷った(結局1/2カットを選択)。回鍋肉を作るのは初めてなので、家にあったオレンジページの「男が作る・男が食べたい 基本の料理」という本を参考にするのだ。

ちなみに家には、小林克代の料理本が何冊かあって、奥さんはダイブこれを参考にしていたようだ。最近はレパートリーも増えてきて、あまり克代の世話にはなってないようだが。ところで、克代の息子も料理本を出しているようだが、やはり味付けは母の味に近いのだろうか。

作った料理を写真に収めて、ここでUPしようかとも思うのだが、所詮、料理本に書いてあるとおりに作っただけの代物なので、やめておこう・・・。

[PR]