育児カウンセリング(後編)

先日、遠方の友人より連絡が入り、僕のブログを見て心配していたと言う。僕が忙しさにかまけて記事の続きを書かなかったばかりに、余計な心配をかけてしまった。ブログ仲間の皆さんにも心配をかけてしまっているとしたらごめんなさい。私たちは元気です。

以下、前編の続きです。





別室のカウンセリングルームは20畳ほどの広さだった。中央にシートが敷かれていて、そこでカウンセラーとママさんが座って面談できるようになっている。音楽が流れてないその部屋はとても静かで、子どもが遊ぶ物音だけが響き渡っている。僕が入室した時、既にカウンセラーと妻の面談は始まっていた。僕は近くに腰を下ろし、おもちゃで遊ぶ子どもたちの相手をしながら、それとなく面談の様子に耳を傾けた。

ところが、しばらく様子を窺っていても、カウンセラーと妻の会話は一向に弾む気配がない。カウンセラーが、探りを入れながら色々な育児話を妻から引き出そうとするのだが、妻は「えぇ、まぁ・・・」とか曖昧な返事に終始。その時僕はこう思った。

「さては、ここにいる僕が邪魔で、僕への不満を口に出来ないのではないか・・・」

この場に僕がいない方がカウンセリングは弾むのかもしれないと思った。しかし遊んでいる子どもたちから目を離す訳にはいかない。僕はその場に居続け、結局妻がカウンセラーと話をしたのは、育児にかんするちょっとした世間話にすぎなかった。そして帰りの道中、妻はこんな不満を口に出した。

「カウンセリングに連れて行かれたおかげで、買い物に行く時間がない!」

聞くと、妻は保育士さんに対して「育児の悩みは特にありません」と告げたのだが、保育士さんが「でも双子だと色々大変でしょう」と気を使って、カウンセリングを半ば強引に勧めたのだという。仕方なくカウンセリングを受けたものの、特に相談する事も思い浮かばず、いたずらに時間だけが経過し、買い物の事ばかり気にしていたのだそうだ。

ママさん仲間の中にも、強引にカウンセリングを受けさせられた人は、何人かいるようだ。たぶん保育士さんもその事は重々承知の上でカウンセリングを受けさせているのだろう。強引にカウンセリングを受けさせる事で、救われている人も少なからずいるはず。そういう信念を持って仕事に励んでいるにも関わらず、時に迷惑がられてしまう保育士やカウンセラーの仕事というのは、大変なのだなぁ。僕らは今、たまたま深刻な悩みが無いだけで、いつカウンセラーの存在が必要となってもおかしくないのだから、こういう仕事に従事している人に対して感謝の心を持たなくてはいけないとしみじみ思った。




というわけで現在の僕たちは、幸いにして深刻な悩みはありません。元気にやっています。買い物にもちゃんと行けています(笑)ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
[PR]