田中実さん

温泉へ行こうシリーズ大好きでした。

田中実さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。。。

[PR]

田中実さん

温泉へ行こうシリーズ大好きでした。

田中実さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。。。

[PR]

美しき敗者

こんばんは。長いこと放置していてすみません。

南アW杯の決勝が素晴らしいゲームになる事を期待しつつ、久々の記事をエントリーしたいと思います。ネタはもちろんW杯、準決勝のドイツ対スペインを見た感想です!



ドイツ対スペインの準決勝。思いのほかドイツが守備的だったので、見ているこちらとしても意表を突かれました。しかしドイツが後半の早い時間帯に交代カードを切ったのを見てから、僕は次第にスペインの勝利を確信するようになりました。

今大会のスペインは、派手な勝利こそ無いものの、接戦をキッチリとモノにして勝ち上がってきました。思うように実らなくても我慢の攻撃を続け、相手のスタミナが持たなくなる時間帯に、寄り切ってしまう強さがあります。ドイツが早い交代カードを切ったのは、おそらく「ガス欠」を心配しての事でしょう。しかしその交代はナイーブなドイツの心情の表れであり、少なくともポジティブな決断ではないように思えます。

スペイン代表は、メッシこそいないもののスタイルは「ほぼバルサ」のようなチームです。正攻法で相対しても勝てる可能性が低いことは、一昨年シーズンのCL決勝でマンUがバルサに完敗した事でも明らかです。守備の組織を入念に構築し、それを忠実に実行し、スピードに乗った鋭いカウンターを食らわす。これが殆ど唯一の勝ちパターンであることは、モウリーニョ監督率いるインテルが見せた戦いぶりからもまた明らかです。

守備の組織を入念に構築する時間があり、またコンディション調整の時間に恵まれたスイスは、GKのファインセーブにも助けられ、素晴らしい勝利を手にすることができました。しかし長丁場のW杯でコンディション的に余裕が無いドイツは、スイスのようにはいきませんでした。そもそも、スイスは美しいラインディフェンスとカウンターが信条のチームであったのに対し、ドイツは元来守備的なチームではありません。

歴史的な側面でみても、ドイツは「侵略国家」であり、また「強国」である事を誇りとするお国柄です。サッカーの試合においても、ドイツが勝つときは大抵「どうだまいったか俺たちはドイツだ!」という勝ち方をします。つまりドイツはそういう国民性なのです。

そんな彼らが、自分たちの信条を曲げて守備的な闘い方をしたところで、たかが知れています。彼らはそもそも「プライド」を捨てる事ができないのです。戸惑った彼らは、出足で一歩遅れてセカンドボールを拾えず、結果的にスペインの猛攻を浴びる事になってしまいました。終わってみれば、ドイツは自分たちの力を充分に発揮できないまま負けてしまった、という印象が残ります。同じく準決勝で敗退したものの最後まで勝利への執念を見せたウルグアイとは違い、ドイツは「美しき敗者」になる事ができませんでした・・・。

スペインは、大会を通して、愚直なまでに自分たちのスタイルを貫き通しています。それも、自分たちの力を過信する事なく、ギリギリのリスクマネジメントを行った上での事です。歴史的にもかつて「無敵艦隊」と呼ばれたスペインは現在、経済的には危険な状況に追い込まれながらも、サッカーにおいてはまさに「無敵艦隊」です。貫き通すことの美しさをスペイン代表は教えてくれている気がします。



さて、決勝のオランダ対スペインが大変楽しみです。両者の実力は「互角」というのが直感的な印象です。ポゼッションはスペインだと思いますが、オランダはドイツと比べると、もっとタフでしたたかな戦いをしてくるような気がします(前回大会のオランダ対ポルトガル戦の死闘を思い出します)。僕の心情としては、自分たちのスタイルを貫き通して優勝するスペインの姿が見てみたいのですが・・・。いずれにしても、素晴らしい試合になる事を期待しています!それと今大会を最後に引退を表明しているジオが頭突きで退場にならない事を祈っています(笑)

[PR]

# by BlueInTheFace | 2010-07-09 00:51 | サッカー

W杯組み合わせ決定

W杯の組み合わせ抽選会の中継を、リアルタイムで見ていました。会場やスタジオに広がるいよいよだなという緊迫感が伝わってきて、こちらもドキドキしました。


日本が入ったE組は、カメルーン、オランダ、デンマーク(対戦順)。シードから外れたフランスやポルトガルがE組に入ってこなくて心底ほっとしました。全部勝って決勝Tだ!(笑)


抽選会場が一番どよめいたのは、南アのA組にフランスが入った時でした。個人的にもこの両国の対戦が一番楽しみ!


もう一つのシード国ポルトガルは、ブラジルのいるG組へ。かつて支配していた側とされていた側、という歴史的な側面からも、南アとフランス同様に見逃せない対戦です。

極東の同胞、韓国はアルゼンチンのB組、北朝鮮はブラジルのG組。両国とも、予選突破はかなり厳しい組み合わせ(特に北朝鮮は絶望的)。まぁ、どこに入ろうと、極東三ヵ国にとって楽な組み合わせなんて一つもないけど……。

日本は、初戦のカメルーン戦と第三戦のデンマーク戦を、高地の試合会場で行うことになったわけで、岡田監督は果たして、自慢の走るサッカーを本番でも実行させるつもりなのか……とても気になります。

仮に日本が決勝Tに進むとなると、決勝T初戦の相手はイタリアのF組。運良くイタリアとの対戦が避けられるなら、ベスト8も無くはないでしょう。


注目のスペインは、組み合わせにはやや恵まれた感があるものの日程的には一番厳しいH組。しかも決勝T初戦はブラジル、ポルトガルのF組。スペイン悲願の優勝は、いばらの道のようです。


本番まであと半年、あれこれ空想を楽しみながら待ちたいと思います。

[PR]

世代交代

先週の20日、職場で二つの別れがありました。いずれのお方も定年退職です。


一人は聾唖の男性で、この方は、健常者の奥さんと二人の息子を抱えて当社一筋40年、不器用な彼は毎日のように上司に怒られながらも、見事に勤めを全うしました。


夕刻、定時を示すチャイムが鳴りました。すると突然、見慣れぬ若い男性が二人、花束を片手にフロアへ入ってきました。その二人とは・・・他ならぬ彼の息子たちです。息子たちは親父の上司に花束を手渡し、親父は、散々怒られ続けたその上司から花束を受け取りました。

そして息子たちが、フロア全体を見渡し、親父に代わって「長い間お世話になりました」と一礼しました。大きな拍手が沸き起こる中、最後は三人揃って職場を後に。僕が窓越しに外の道路に目をやると、息子が運転してきた車の後部座席に親父が乗り込むところが見えました。そしてそのまま、静かに走り去って行ったのでした。

美しい光景を見せてもらいました。長い間本当におつかれさま。さようなら、お元気で。




もう一つは、僕が社会人になってはや17年、公私ともに色々な意味で可愛がってもらった恩師との別れでした。上司と部下の関係を越えた真の濃密な時間を、彼と僕は今までに幾度となく共有してきました。このような関係を築く事が出来たのは、ドライな人間関係を基盤に成立している現代社会にあって、ある意味奇跡に近いのではないかと思ってます。

その恩師を囲んで、仲間内で、ささやかな(かつ盛大な)送別会が行なわれました。時に涙あり、しかし総じて笑いの絶えない温かい送別会となり、それはひとえに彼の人徳がもたらしたものだと思います。

送別会の最中に二人で語らい合った時には色々な想いが込み上げて来ましたが、今はただただお疲れさまの一言です。彼とは今後も家族ぐるみの交流が続くと思いますが、その彼に余計な心配をかけない為にも、僕は今まで以上に頑張らなければと思うのです。少なくとも、そうやって頑張ろうと思う事が、意義のある世代交代の形なのではないかと思えるのです。

[PR]

帰省中

b0011238_13292891.jpg

子どもたちは今、奥さんの実家に帰省中です。


山口の大自然の中で悠々と遊んでいます。


おともだちに会えない事だけがちょっと可哀想。


僕も今週末から合流予定です(^^)v
[PR]

沈まぬ太陽

今、とある小さなプロジェクトを個人的に計画していて、それを今年中には何とか社内で立ち上げたいと考えています。思い立ったのは去年の終わり。もうすぐ一年が経とうとしています。

大袈裟ではなく殆ど二十四時間、その考えが脳内の大半を占めています。子どもと遊んでいる時ですら頭の片隅ではその計画を練っていました。しかし最近は、社内での通常業務に負われて思うように計画が進まず、その焦りもあって、色々な意味で自分自身にゆとりが無くなっていると感じていました。


そんな最中、今日は気晴らしに映画を見てきました。

山崎豊子さん原作の同名小説を映画化した、渡辺謙主演の『沈まぬ太陽』(公式サイト)です。

b0011238_23263972.jpg



TVCMで予告編を見た瞬間から、どうしても見たいと思っていた作品でした。
久々に映画を映画館で見ましたが・・・いいものですねやはり。

とにかくスケールに圧倒されました。制作費やキャストが云々の話では無く(もちろんそれはそれですごいスケール!)、物語の奥行きのスケールがでかいという意味です。一つの場面から色んな事を感じ、連想し、想像し、そして考えさせられます。上映時間の3時間22分はあっという間に過ぎてゆきます。

映画のキャッチコピーの中にある「壮大なる人間の叙事詩」は、誇張された表現ではありません。まさにその通りだと思います。

ラストは、ありふれた言葉では表現できない巨大な感動に打たれて、エンドロールが流れ始めても身動き一つとれません(実際、席を立つ人は誰もいませんでした)。そして終わった頃には、エンドロールで流れていた曲が頭にこびりついて離れません。


久々に映画を見れてよかった。魂を揺さぶられました。
また明日から頑張れそうです。では(^^)
[PR]

# by BlueInTheFace | 2009-11-10 00:11 | 映画・TVなど

佐野元春ライブハウス・ツアー『COYOTE』

7月5日(日)、佐野元春ライブハウス・ツアー『COYOTE』の横浜BLITZ公演に参戦してきた。



とてもいいライブだった。



ライブハウス特有の、大音量のサウンドが身体に響いて心地よい。ちょっとやそっと騒いでも、誰にも迷惑がかからない (笑)。僕は1Fのずっと後方にポジショニングしたが、ライブハウスという小さなハコなので、元春やバンドメンバーの表情までよく見ることができる。バンドと客席の距離が近く、普段のライブ以上に一体感を皆で共有できる。余計な演出など一切なし。シンプルにストレートに名盤『COYOTE』の楽曲を演る。

このライブで、僕は元春の「Show Real」を貫く姿勢を改めて目の当たりにし、自然と涙が溢れた。佐野元春の "Real" がいつも以上に迫ってくるように感じた。僕らと元春お互いの "Real" がより密接に連動し合った、そんなライブを体験できたと思うし、元春もそれを意図していたと思う。今回のツアーを「ライブハウス・ツアー」と銘打った理由がよくわかる。

普段のライブより時間が短かった点でやや消化不良だが、次のツアーへの期待は高まるばかり。これから『COYOTE』ツアーに参戦する人は思う存分楽しんでください。僕は来年(?)のツアーを今から心待ちにしています。

[PR]

# by BlueInTheFace | 2009-07-07 11:45 | 音楽

退院しました

稔のその後ですが、昨日の血液検査で何も異常がみられなかったため、正式に退院となりました。


最初はかなり疲れている様子でしたが次第に活発になり、現在は、ちょっと心配になるくらい激しく遊んでいます。

稔が帰ってきて豊も嬉しそう。早速ケンカが始まりました。いつもの光景です。


心配をおかけしました。
ではこの辺で。

[PR]

腸重積

タイトルの「腸重積」という病名を医者から告げられた時は、何だか狐につままれたような気分だった。


6月18日(木)のお昼頃、弟の稔が「おなかイタイの!」と言って泣き叫ぶ。夜勤中のため家で寝ていた僕は、尋常ではない稔の叫び声を聞いて飛び起き、妻とともに、稔を連れてすぐさま近所の大学病院へと車を走らせた。


簡単な診察の後、レントゲン撮影を経て、下された診断結果が上の「腸重積」という病気だった。その名の通り「腸が積み重なる」という病気で(参照:日本小児外科学界)、治療は緊急を要するため、診断後、即治療開始となった。治療が成功しなかった場合は、腸を切断する手術を施すこともあり得ると医師に告げられた。


診察から治療の間、僕は一緒に病院に連れてきた兄の豊とともに、病院近くの河川敷を散策した。時々病院に戻って様子を窺いつつ、かれこれ2時間は歩いた。稔のことが心配で正直散策どころではなかったが、しかし(状況をまったく理解していない)豊が楽しそうに歩いているおかげで、僕も少しは気が紛れたのだった。


結局治療は成功し、ひとまず手術は回避できた。経過の観察と再発予防のため、稔はそのまま入院。小児病棟の病室に運ばれた稔は、普段のやんちゃぶりはどこへやら、激しい腹痛と長い治療と何度も繰り返した嘔吐のおかげで、憔悴しきった表情をしていた。がんばれ稔。今は苦しいけど、すぐに良くなって家にかえれるぞ。


一日経過して今日(19日)、稔をもう一泊させた後「一時帰宅」させると医師に告げられた。来週早々に血液検査を行い、経過が順調であれば正式に「退院」ということになる。ひとまずはヨカッタ、ヨカッタ・・・。今頃は病院のベッドですやすやと寝ているだろうか。明日には家に帰れる、それまでちゃんと我慢しろよ。



・・・今回の件で、稔を見ていて一番かわいそうだなと思ったのは、病気の痛みもそうだが、豊と離れ離れにならなくちゃいけないという心の痛み。病院の小児病棟内には、健康な子供を連れて入ることができない規則なので、入院中、稔は豊の顔を一切見ることができない。生まれてこのかた、二人が一緒の寝室で寝なかった日は今まで無かった。稔は我々両親に向かって何度も何度も泣き叫ぶのだった。


「ユタカは?ユタカは?ユタカはー!?」


なお、叫ばれている当の豊は、時折淋しそうな表情を浮かべるものの、「天敵」のいない生活を心ゆくまで満喫しているように見えるのだった(笑)

[PR]